Aerodyne Groupが戦略的投資を実施 オーストラリアの大手ドローン検査会社 Sensoremを子会社化

【グローバルPR抄訳】

マレーシアに本社を置く国際的なドローンソリューションプロバイダーであるAerodyne Group(以下、「エアロダイン」)は、オーストラリアを拠点とするドローン測量・点検調査会社のSensorem Pty Ltd(以下「Sensorem」)の主要株式を取得する契約を締結いたしました。

Sensoremは西オーストラリア州パースに本社を置き、最新のドローンとセンサー技術を活用した点検調査と測量サービスを、政府や地方自治体などの行政セクター及び、建設業、鉱業、農業などの民間セクターに提供しております。

今回の戦略的投資によって、エアロダインが持つスマート・ドローン・ソリューション「DT3」(ドローン・テック、データ・テック、デジタル・トランスフォーメーション)の革新的なデータ分析技術を、Sensoremを通じてオーストラリアのあらゆる業種の企業に提供いたします。これにはクラウド型アセット管理ソリューションの「vertikaliti」が含まれます。

オーストラリアの鉱業、エネルギー産業、農業分野のお客様においては、オーストラリア全土で今まで以上に利便性の高いサービスを提供し、今まで以上に精度の高いアセット管理をご提供できると考えております。Sensoremの既存の経営陣は、マネージング・ディレクターのEd Boxallを筆頭に、引き続き同社をリードし、株主として事業を継続していきます。

エアロダインCOO Rossi Jaafarコメント:
「エアロダイングループは、オーストラリア経済の主要セクターにおいて強力な基盤を持っているSensoremと手を組むことに興奮しています。我々は、オーストラリア市場における弊社"vertikaliti"ソリューションに大きなチャンスがあると信じており、Ed Boxall氏と彼のチームと協力して、次の成長段階に向けて大躍進を遂げることを楽しみにしています。 」

Sensorem マネージング・ディレクター Ed Boxallコメント:
「ドローンを用いた測量やアセット点検、データ分析等の革新的技術発展を追い風に、近年のSensoremは持続的な成長を続けてまいりました。Sensoremの旅の新章は、ドローンベースのエンタープライズソリューションの分野で世界的なリーダーであるエアロダインとのパートナーシップとともに始まります。エアロダインのグローバルなネットワークや、業界における知名度や存在感、スケールメリットを活用し、Sensoremがお客様に革新的で差別化された価値提案を提供し続けることができるようになるでしょう。」

エアロダインジャパン代表取締役社長 伊藤英による注釈:
エアロダイングループの海外戦略において、オーストラリアはとても重要な市場と位置づけており、海外進出を進める中でもいち早くオフィスを開設した市場です。今まではクイーンズランド州ブリスベンを中心に、通信鉄塔点検や農業、酪農業界へサービスを提供しておりました。広大な国土をもつオーストラリアにおいては、国内の移動時間が事業成長の阻害要因となっておりました。例えばブリスベンからパースへは、飛行機の移動時間だけでも5時間以上かかります。実質一日の点検業務だったとしても、お客様には前後の移動日も含めて3日分の費用負担が発生しておりました。今回、 西オーストラリア州を拠点に営業してきたSensoremがエアロダイングループ傘下に加わることで、お客様にはより利便性の高いサービスを提供できるようになります。また、Sensoremが得意としている鉱業分野における点検の知見は、オーストラリアのみならずグループ全体のさらなる躍進の一翼を担うものと考えております。パースには日本領事館もあり、多くの日本企業が進出しております。エアロダインジャパンとしては、駐オーストラリア日系企業向けに、スマート・ドローン・ソリューションの運用支援をサポートしていきたいと考えております。

 *本プレスリリースはAerodyne Groupグローバル向けプレスリリースの日本語抄訳版に、弊社代表の注釈を加えたものになります。

【エアロダイングループとは】
2014年にマレーシアのクアラルンプールにて創業した「ドローン・ソリューション・プロバイダー企業」です。スマート・ドローン・ソリューション「DT3」(ドローン・テック、データ・テック、デジタル・トランスフォーメーション)により、広域にまたがって設置される電線網や通信鉄塔などのインフラ設備を始め、火力・風力発電施設やプランテーション、港湾設備、工事現場など、ドローンを用いて効率的に点検・モニタリングを行い、集めたデータを解析してクラウド型プラットフォームにて提供しております。

400名以上のドローンエキスパートによって、お客様からお預かりしている30万点以上の対象設備を点検しております。11万件以上の飛行実績を誇り、10万km以上に渡る電力インフラ設備を点検しております。2019年にはアジアでNo.1のUAVサービスカンパニー(*1)に選出されており、現在32カ国にて展開しております。日本では 2018年よりエアロダインジャパン株式会社を設立(代表取締役社長 伊藤英)し、日本企業に対しても順次サービスを提供開始しております。
*Aerodyne Group 会社概要はhttps://aerodyne.group/をご覧ください。

*1 Frost and sullivan社:“Asia-Pacific Best Practices Awards 2019” Asia-Pacific Unmanned Aerial Vehicle (UAV) Services Company of the Year

【Sensoremとは】
Sensoremは西オーストラリア州パースに本社を置くリモートセンシング技術の会社です。最新のドローンとセンサー技術を活用した点検調査と測量サービスを、政府や地方自治体などの行政セクターと、建設業、鉱業や農業などの民間セクターに提供しております。オーストラリアを代表するドローンおよび高度なアセット点検企業であり、国内でも最も経験豊富で点検技術の有資格者の専門家を擁しています。点検の無人化システムの技術において多様なソリューションを提供し、正確でタイムリーなデータをお客様に提供しています。
*Sensom 会社概要はhttp://www.sensorem.com.au/をご覧ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エアロダインジャパン株式会社 >
  3. Aerodyne Groupが戦略的投資を実施 オーストラリアの大手ドローン検査会社 Sensoremを子会社化