デジタル宅配ボックスの機能を全国各地自宅から体感可能に。リモート見学型ショールーム「デジタル宅配ボックスプラザ」オープン

再配達削減で、持続可能な「脱炭素社会」へ。デジタル宅配ボックス DX & SDGs PROJECT 第3弾は、ショールームをデジタル化する「デジタル宅配ボックスプラザ」

 日本宅配システム株式會社[本社:愛知県名古屋市 代表取締役CEO 淺井 泰夫 以下、日本宅配システム]は、コンピューター制御式の「デジタル宅配ボックス」を多くの住まい・建物・オフィスにひろめるべく実施している「デジタル宅配ボックス DX & SDGs PROJECT」の第3弾として、全国各地からアクセスできるリモート見学型ショールーム「デジタル宅配ボックスプラザ」をオープンしました。
■概要
「デジタル宅配ボックスプラザ」は、日本宅配システムスタッフがリアルタイムでご案内するリモート見学型のショールームです。製品のリアルな質感や便利な機能を実際のショールームに近いかたちで体験いただけます。外観だけでなく受け渡し一連の動作や音声ガイダンスを視聴いただけることが特徴です。

 

 デジタル宅配ボックスは、これまで首都圏を中心に販売を行ってまいりましたが、リモート見学型ショールームの誕生をきっかけに、北海道から沖縄まで全国の住宅・オフィスへの導入サポートを強化しました。遠隔地から同時に複数名で見学いただくことも可能です。

来場予約ページ:https://www.j-d-sys.com/showroom/
※日本宅配システムHP「ショールームページ」より

 あんしん確実な非対面受取・発送を世の中のスタンダードにし、再配達を削減するために。今後も日本宅配システムは、製品・サービスの開発、改善を続けてまいります。

■デジタル宅配ボックス DX & SDGs PROJECT について
 昨今、新型コロナウイルスの流行によって宅配便の「非対面受取」が社会に浸透する一方で、荷物紛失などのトラブルもニュース等へ取り上げられております。日本宅配システムは、新しい生活様式において、あんしん確実な宅配便の受取・発送をスタンダードにするべく「デジタル宅配ボックス DX & SDGs PROJECT」を実施しております。高セキュリティなコンピューター制御式の宅配ボックスを世の中にひろめること、また再配達の削減によって環境問題を改善し持続可能な社会の構築へ貢献することが目的です。


■日本宅配システム株式會社
 1993年の創業以来、宅配ボックス専業メーカーとして設計・開発から製造・販売、設置後の保守メンテナンスまでを自社一貫体制で確立。コンピューター制御式の宅配ボックスを集合・戸建住宅向けに供給し高いシェアを獲得しております。

URL         : https://www.j-d-sys.com
会社名  : 日本宅配システム株式會社
本社   : 名古屋市東区葵1丁目25番1号 ニッシンビル 4F
東京本社 : 東京都港区赤坂4丁目2番6号 住友不動産新赤坂ビル 1F
代表メール: jdstk@j-d-sys.com
代表者  : 代表取締役CEO 淺井 泰夫
設立   : 1993年4月
資本金  : 7,000万円
 
  1. プレスリリース >
  2. 日本宅配システム株式會社 >
  3. デジタル宅配ボックスの機能を全国各地自宅から体感可能に。リモート見学型ショールーム「デジタル宅配ボックスプラザ」オープン