東京水道サービスが開発した漏水発見機器「TSリークチェッカー」(SV1109 ステッキ型)を石垣市水道部が購入

 東京水道サービス株式会社(以下、TSS)は、漏水調査業務に使用する当社の開発機器「TSリークチェッカー」(SV1109 ステッキ型)を、石垣市水道部に購入いただき、将来的な漏水調査にご活用頂く運びとなったことをお知らせします。
 これまで、石垣市水道部には4年間継続して、TSリークチェッカーをレンタル契約という形でご利用いただいていました。従前の使用実績を踏まえ、令和元年以降は購入の上で活用したいという意向が有ったことから販売に至りました。今後は、TSリークチェッカーを活用した調査方法、また調査結果の活用方法等についてはサポートを継続していく予定です。


概要
1.件名 
 時間積分式漏水発見器購入(SV1109 ステッキ型) 
2.履行日 
 令和元年6月26日 
3.購入者 
 石垣市水道部
4.内容 
(1)TSリークチェッカー(SV1109 ステッキ型)の販売
(2)TSリークチェッカーを活用した調査方法に対するサポート
(3)調査結果の活用方法に対するサポート


【TSリークチェッカーとは】
 漏水の振動特性を利用し、簡単に漏水の有無を確認することができる機器です。操作性が高く、高性能なセンサを搭載していることから、漏水調査に未習熟な調査員でも簡単に精度の高い調査を行うことが可能です。













<TSリークチェッカー使用風景>


【東京水道サービスとは】
 東京水道サービスは、東京都などが出資する第三セクターです。東京都において水道施設の管理や、浄水施設の管理、水道全般に関するコンサルティング・調査、技術開発、水道資器材の管理・販売を実施しています。また、東京水道で培った技術・ノウハウを活かし積極的に海外へ技術援助する事業を展開しています。世界各国で水道システム構築・運営管理のサポートを行っており、ミャンマーやマレーシアなどの地域で水道施設の整備・管理を実施しています。


【会社概要】
社名     :東京水道サービス株式会社
本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル5階
設立年月   :昭和62年2月
資本金    :1億円
株主     :東京都(51%)ほか
従業員数   :1,251名(平成31年4月現在)
事業内容   :水道施設の整備・管理等、水道に関するコンサルティング及び各種研修など


【本件に関するお問い合わせ】
東京水道サービス㈱プロジェクト推進部 担当:佐藤、坂本
TEL: 03-5320-9720 / E- mail:tss-pr@tssk.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京水道サービス株式会社 >
  3. 東京水道サービスが開発した漏水発見機器「TSリークチェッカー」(SV1109 ステッキ型)を石垣市水道部が購入