7/13~「絵本読み聞かせアプリ」機械音声をナレーターの声に改編

未就学児の母親は家事9時間超 時間に追われる子育てを手助けしたい

初めまして。私は知育で子育てをサポートするMaria Project株式会社(東京都渋谷区)の奥野友美と申します。7月13日(水)、 Maria Project株式会社は、考えて伝える力を伸ばす知育アプリ「KIKASETE(きかせて)」にて絵本の読み聞かせ機能をアップデートを行い、従来の機械音声からプロのナレーターによる音声に変更します。


スマホやタブレットで絵本を読める 1日15分のカリキュラムスマホやタブレットで絵本を読める 1日15分のカリキュラム

男女30・40代について、ライフステージ別の家事時間は、小学校入学前の小さな子どもがいる女性は、家事時間が1日あたり9時間37分と、「子どもが小学生以上」、「結婚していない」女性に比べて非常に長くなっています(NHK放送文化研究所世論調査部調べ、2020年調査)。男性は家事時間は短いものの、働き盛りで仕事時間が長く、小さな子どもがいる家庭では、時間に追われている現状があります。

そこで私たちは、絵本を題材とした知育アプリ「KIKASETE」を開発。絵本の読み聞かせをアプリが行った後、気持ちや考えを引き出す質問を投げかけ、子どもに発言してもらう対話機能を備えています。親はアプリをしている子どもの側で家事や自分のことをしながら、子どもの考えに触れてコミュニケーションを取ることができるようになっています。今回のアップデートでは、様々な年代の男女のプロのナレーターにお願いし、絵本の世界観に合わせたナレーションづくりを行いました。従来の機械音声よりも、絵本への親しみやすさや絵本の世界への没入感をもたらすようになりました(現在1万4000ダウンロード、1か月の継続利用で「子どもの成長を感じた」95.8%)。

抑揚を抑えた読み方で 子どもの想像力を引き出す抑揚を抑えた読み方で 子どもの想像力を引き出す

 

アプリ利用イメージアプリ利用イメージ

 


私自身、4人の子育てと仕事を両立する母親で、「絵本の読み聞かせをしたいのに、時間を取るのが難しい」という悩みがKIKASETEが誕生のきっかけでした。

 

 


今回のアップデートを通じて、「KIKASETE」が絵本を通じた親子のコミュニケーションの時間を確保し、時間に追われる親の助けとなりたいと思っています。

【サービス概要】
◆名称:KIKASETE

 


◆内容:子どもの考えて伝える力を伸ばす知育アプリ
    対象年齢 3~10歳 
    ダウンロード、利用 無料
    絵本の読み聞かせ、クイズ、子どもの考えを引き出す対話機能
    7/13(水)読み聞かせ機能アップデート予定

 


【会社概要】
Maria Project株式会社
東京都渋谷区広尾1丁目9-18 雨宮ビル2F
HP:https://kikasete.mariaproject.com/
 

アプリダウンロードアプリダウンロード

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Avirity Information >
  3. 7/13~「絵本読み聞かせアプリ」機械音声をナレーターの声に改編