慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授 古里圭史氏、eumoに参画

非営利株式会社eumo(社名:ユーモ、本社:東京都港区、代表取締役:新井和宏・岩波直樹・武井浩三、以下「当社」)は、2022年7月1日付で、慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任准教授の古里圭史(ふるさと けいし)氏(以下「古里氏」)を取締役として迎えたことをお知らせいたします。
古里氏は、飛騨信用組合の電子地域通貨「さるぼぼコイン」普及の立役者であり、現在は、慶応義塾大学大学院の特任准教授を勤めながら、複数自治体のアドバイザーとしても活躍されています。地域金融に詳しい古里氏に参画いただくことにより、当社経営理念である「共感資本社会の実現」に向け、新たな金融の仕組み作りに挑戦してまいります。

◼︎古里圭史氏 略歴
公認会計士・税理士
慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授
株式会社リトルパーク代表取締役
グラスルーツ アカウンティングファーム 所長
株式会社フィラメント チーフビジネスアーキテクト
北海道上川郡東川町産業振興ファイナンスアドバイザー
岐阜県高山市SDGs推進アドバイザー
富山県南砺市政策参与

1979年生まれ。岐阜県飛騨市(古川町)出身。公認会計士・税理士。早稲田大学卒業後、株式会社スクウェア・エニックスを経てデロイトトーマツグループの監査法人に入所。2012年10月に地元、岐阜県飛騨・高山にUターンし、地域密着のコミュニティバンクである飛騨信用組合に入組。同組合において「育てる金融構想」を掲げ、クラウドファンディングや地域キャピタル会社の設立など、新しい金融手法を活用した資金供給の仕組み構築に注力。2017年には電子地域通貨「さるぼぼコイン」を手掛け、ローンチから4年でユーザー数、加盟店数ともに地域シェア40%超のサービスに。現在は自身のアカウンティングファームの運営を行いながら、慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授を務める。

◼︎古里氏コメント
これまでも様々な場面でご一緒していたeumoの皆様とこれからご一緒できることをとても嬉しく思っています。自分の手の届く範囲の肌触りのあるコミュニティを大切にすること。とても時間がかかりますが、これも社会を変えるための重要なアプローチの一つと考えます。eumoでの地域通貨や教育などの取り組みを通じて、まさにその実践ができるはずです。ちょっと先の良い未来の実現に貢献したいと思います。

◼︎eumo代表取締役新井のコメント
eumoとしても、私個人としても古里さんとご一緒する機会は多かったですが、今回eumoの取締役に就任して頂けることを誰よりも喜んでいます。さるぼぼコインで培った地域通貨のノウハウとeumoの共感コミュニティ通貨が融合すれば、新たな社会への道がさらに鮮明になってスピードアップして行くと思います。ぜひ、パワーアップしたeumoに期待していてください!私もワクワクしています!

◼︎就任記念イベントのご案内
古里氏の取締役就任を記念し、オンラインイベントを開催いたします。

【2022年7月26日(火) 21:00-22:30】
eumo radio 第26回「eumo取締役 古里圭史さんと語る ”これからの未来と、その始まり”」
https://eumoradio26.peatix.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社eumo >
  3. 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授 古里圭史氏、eumoに参画