「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標 (KPI)に関する調査」について~全ファンドベースの平均シャープレシオ 2年連続で1位に~

金融庁が25日、同庁のサイトに発表した「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標(KPI)に関する調査」において、レオス・キャピタルワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:藤野 英人、以下当社)のデータが掲載されました。全ファンドベース、運用歴5年以上の運用会社について、当社の2019年度末時点の平均シャープレシオ(5年間)は0.50、順位は2018年度末時点から引き続き1位となっております。

 

■シャープレシオとは■
投資信託の運用パフォーマンスを示す共通の指標の1つ。投資のリスク(価格変動)の大きさに比べてどれだけリターン(収益率)を得られるか、運用効率の高さを示し、数値が大きいほど運用効率が良いとされる。


参照:別紙「2019年度末(1-a)ファンド分類別・運用会社別・平均分析データ」
https://www.fsa.go.jp/common/about/research/20200828_1.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レオス・キャピタルワークス株式会社 >
  3. 「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標 (KPI)に関する調査」について~全ファンドベースの平均シャープレシオ 2年連続で1位に~