株式会社KADOKAWA Connected、DX人材育成サービス「KDX道場」を本格始動!

KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を
てがける株式会社 KADOKAWA Connected(本社:東京都千代田区、以下「KADOKAWA Connected」)の代表
取締役社長 各務 茂雄(かがみ しげお)は、業界初の「KDX道場」(URL: https://kdx.co.jp/service02/)を2021
年3月15日より本格始動することをお知らせいたします。

■背景
KADOKAWA Connectedは、2020年2月25日より提供を開始した「DXアドバイザリーサービス」や、2020年10月30日に発売をされた「世界一わかりやすいDX入門」を軸とした輪読会や勉強会などの提供を通じて、多数企業のDX推進に貢献してまいりました。 

■KDX道場のサービス詳細
この度KADOKAWA Connectedは、上述のノウハウや知見を活用し、企業でDXを推進していく経営者・DX担当者の課題を解決する「DX人材育成プログラム」と、2020年にKADOKAWA ConnectedがKADOKAWAの守りのDXを進める中で得たノウハウを凝縮した「効率よく働いて機嫌のいい職場にするために マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術」を軸とした輪読会や勉強会などの提供を開始いたします。

「DXアドバイザリーサービス」などの既存サービスと、今回の新サービスを総合して「KDX道場」とし、サービス内容の充実と対象顧客の拡大をしてまいります。DX担当に任命されたがどこから着手をして良いか分からないDXリード責任者が、デジタルビジネスを立ち上げ拡大をしていくためには、人材育成が最も重要です。「DX人材育成プログラム」では、DXを推進するために重要な、DX人材を発掘・育成と、デジタル思考・実力主義・サービス型チーム(※1~3)の構築を中心としたサービスを提供してまいります。

※1デジタル思考:物事を白黒決めて解像度高く意思決定をする思考
※2実力主義:実行しアウトプットをする事を是とする考え方 成果主義とは異なる
※3サービス型チーム:提供する価値とリードタイム、その費用が明確なサービス提供・運用ができるチームを示す

■新サービス DX人材育成プログラムの内容について
本プログラムでは、DXを進める上で重要な「サービスチーム」をリードするDX人材育成を支援します。また、既に提供済のメンターサービス、DXアドバイザリーサービスと組み合わせることで、KDX道場として顧客の社内の属性に合わせた全社推進をサポートします。

対象者:DXサービス サービスオーナー向け
● サービス型チーム研修
 ・本研修では、「サービスチーム」をリードする人材育成を目的としています。1時間×3回の講義で構成されています。
Day1:サービス型とは
Day2:サービス型におけるロールモデル(模範的な人)とは
Day3:サービス型で既存の業務を改善する

● 輪読会(世界一わかりやすいDX入門)
 ・「サービスチーム」の必要性を理解するために、「世界一わかりやすいDX 入門」を用いた輪読会を提供します。個々の疑問点を、輪読会を通じて解消することを目的としています。

対象者:従業員全員
● ITツール体験トレーニング(Slack等)
 ・ 本トレーニングでは、各種IT ツールを業務に生かす方法について、体験を通じて学んで頂くことを目的としています。

● 輪読会(マンガI T ツール活用術)
 ・本トレーニングでは、「効率よく働いて機嫌のいい職場にするために マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるIT ツール活用術」を用いた輪読会を通じて、チームで連携して業務改善するためのポイントを学んで頂くことを目的としています。

DX により提供できる価値の1 つとして、モノだけではなくコトという体験があります。一方で、サービスチーム群が連携をしてビジネスを推進することが重要です。DX アドバイザリーサービスを受けた後に、この育成プログラムを受講することで、DXの基本である合理的なマネジメントの仕組みを根付かせて行くことができます。KADOKAWA Connected は、2022年中20社の本サービス導入を目標としております。

■提供形態・費用について
提供形態
1回1時間/週からのアドバイザリーサービスとして提供致します。

利用対象者
DX をより加速させたいと考えている、200名以上の企業や組織体。

費用
メニューに合わせた費用設計を行います。
(参考: 5万~10万円/時間 )

 
◆KADOKAWA Connected会社概要
名称 :株式会社 KADOKAWA Connected
本社所在地:東京都千代田区富士見二丁目13番3号
代表者:代表取締役社長 各務 茂雄
設立:2019年4月
資本金:50,000,000円
企業URL :https://kdx.co.jp/
事業内容:DXコンサルティング・システム設計/構築/運用・クラウドサービス・Bigdataサービス

株式会社KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。

大規模なインフラ、ネットワーク、Big Data分析をサービスとして提供しながら、企業のDX実現も手がけ、各分野の先端を走るビジネスパートナーとともに実行しています。
Twitter:https://twitter.com/KADOKAWA_KDX
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 KADOKAWA Connected >
  3. 株式会社KADOKAWA Connected、DX人材育成サービス「KDX道場」を本格始動!