野村證券 日本初上陸となる長期優良実績の世界株運用戦略を取扱開始

株価が10倍になると期待される銘柄を発掘し、グローバル株式を上回る運用実績を誇る運用戦略を採用した投資信託

野村證券株式会社(代表取締役社長:森田敏夫、以下「当社」)は、成長力が高いにもかかわらず割安な投資先を選別しテンバガーを発掘する「フィデリティ・世界割安成長株投信Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)(愛称:テンバガー・ハンター)」の取扱いを開始します。
テンバガーとは株価が10倍になると期待される銘柄のことです。元来は野球1試合で10塁打をあげることを意味する言葉で、当ファンドの運用会社であるフィデリティのポートフォリオ・マネージャーであったピーター・リンチ氏が使い始めたと言われています。

当ファンドは元祖テンバガー・ハンターとして著名なピーター・リンチ氏の愛弟子であり、現在にその匠の技を引き継ぐジョエル・ティリングハスト氏が運用を担当します。

大型株はもちろん、銘柄の調査分析が薄い中小型株でも幅広く徹底した調査分析を行い、市場全体と比べて高いリターンと低いリスクを両立してきた運用戦略です。同種運用戦略の参考ファンド*は設定来約30年の運用で、約43倍のリターン実績でグローバル株式を上回る運用実績となっています。

当社は今後も、お客様本位のビジネスを一層推進しながら、お客様の多様なニーズに応える商品やサービスを提供し、お客様に信頼され、選ばれる金融機関となることを目指します。

*当ファンドの投資対象である「フィデリティ・世界割安成長株・マザーファンド」と同様の運用担当者、投資哲学、運用戦略に基づき運用されている米国籍投資信託「フィデリティ・ロープライス・ストック・ファンド」の実績です。日本では販売されておりません。参考情報として提供することのみを目的として掲載しており、「フィデリティ・世界割安成長株・マザーファンド」の運用実績ではありません。
 


-------------------------------
当ファンドに関する情報
購入時手数料:上限3.3%(税抜3.0%)
運用管理費用(信託報酬):年1.65%(税抜1.50%)
その他の費用:組入有価証券の売買委託手数料、信託事務の諸費用等、法定書類等の作成等に要する費用、監査費用等
 投資リスク: ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。
したがって、投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じることがあります。
ファンドが有する主なリスク等(ファンドが主に投資を行なうマザーファンドが有するリスク等を含みます。)は以下の通りです。
価格変動リスク、為替変動リスク、エマージング市場に関わるリスク
なお、投資信託は預貯金と異なります。ご投資にあたっては目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。
※基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

野村證券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第142号
加入協会/ 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
  1. プレスリリース >
  2. 野村證券株式会社 >
  3. 野村證券 日本初上陸となる長期優良実績の世界株運用戦略を取扱開始