京都セミコンダクター ミカサ商事と代理店契約を締結

日本国内で最初の正式代理店契約を締結。光通信及び光センシング向けの高品質なフォトダイオードの拡販をさらに推進。


報道関係者各位

京都セミコンダクター ミカサ商事と代理店契約を締結
 
  • 日本国内で最初の正式代理店契約を締結
  • 光通信及び光センシング向けの高品質なフォトダイオードの拡販を推進

世界水準の技術を強みに日本品質のものづくりで光デバイス・ソリューションをリードする株式会社 京都セミコンダクター(代表取締役社長兼CEO高橋恒雄、本社: 京都市伏見区、以下 京セミ) は、ミカサ商事株式会社と代理店契約を締結し、京セミの光デバイス・ソリューションをミカサ商事が日本国内に販売することで合意しました。

この合意により、京セミは日本国内で最初の正式代理店を持つこととなり、より一層、拡販を推進してまいります。また、ミカサ商事の提供製品群に京セミの高品質な光通信と光センシング製品が加わることになります。

京都セミコンダクターの高橋 恒雄 代表取締役兼CEOは、「京都セミコンダクターは、半導体・集積回路・レーザー装置などの最新の電子デバイスを扱うミカサ商事と戦略的に協業いたします。この協業は、IoT・産業機器や 5G・データーセンターインフラ市場において、より多くのお客様に製品の提供を実現します」と述べています。

ミカサ商事の中西日出喜 代表取締役社長は、「京都セミコンダクターと契約を締結したことを嬉しく思います。同社の高性能で優れた品質のフォトダイオードは世界的に評価が高く、当社の製品とソリューション群を拡張できるのは素晴らしいことです」と述べています。

この契約締結により、ミカサ商事では9月1日より京セミ製品の販売を開始する予定です。


<ミカサ商事とは>
ミカサ商事は、1948年に創業し、電子部品やストレージを販売するデバイスソリューション事業、ICTを活用したシステムソリューション事業を展開するエレクトロニクス総合商社です。「信頼」「対応力」「提案力」の3つの強みを生かし、お客様の課題解決と社会の発展に貢献します。
会社HP:https://www.mikasa.co.jp/


<京都セミコンダクターとは>
京都セミコンダクターは、1980 年に光半導体の専業メーカーとして京都で創業しました。高性能、高精度を誇る光通信向けおよびセンサー向けの半導体を、ユニークなパッケージング技術をもとに日本の自社拠点で前工程から後工程の一貫体制で製造し、世界のお客様に供給しています。京都セミコンダクターは、世界水準の技術を強みに日本品質のものづくりで、光デバイス・ソリューションをリードします。
会社 HP: https://www.kyosemi.co.jp/



*本プレスリリース内に記載されている、商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
*本プレスリリースのすべての内容は、発表日現在のものです。その後予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 京都セミコンダクター >
  3. 京都セミコンダクター ミカサ商事と代理店契約を締結