テレワーク環境でも慌てない!英語会議でのミーティングスキルを習得する『(リモートワーク対応)ミーティング&ファシリテーションコース』【7月開講】

模擬会議などの実践的なアウトプットの場を通じてスキルを磨く

グローバルに活躍するビジネスパーソンを育成する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)が運営する「PEGL(ペグル) 実践ビジネス英語講座~Practical English for Global Leaders~」(監修:大前研一)は、テレワーク環境での英語会議のパフォーマンスを向上させる『(リモートワーク対応)Meeting and Facilitationコース』を法人向けに7月1日、個人向けに7月15日より開講します。
本コースは、使用言語を英語とする会議の基本から、オンライン会議で使えるテクニックやフレーズなどを解説し、4か月間で英語の会議に自信をもって臨めるようになることを目的としています。なお、法人向けには、受講開始直後と修了直前に、セルビア人講師2名と本番さながらで行う模擬会議(シミュレーション)も付随しています。開始直後の模擬会議では、現状のミーティングスキルを把握して受講に役立てて頂き、終了直前の模擬会議で、成果の確認を行う仕組みです。

なお、7月29日(木)には、本コースの講師で会議通訳者の木内裕也氏による開講記念セミナーを無料開催いたします。(法人企業研修担当向け)
URL:https://www.bbt757.com/business/seminar/hrm/ol20210729globalseminar/
 

 

 
  • (リモートワーク対応)ミーティング&ファシリテーションコース開講の背景
コロナ禍でリモートワークが浸透し、会議といえば画面越しのオンライン会議が中心となりました。オンライン会議の便利さに救われた一方、使用言語を英語とする会議においては、多くの日本人ビジネスパーソンから“発言のタイミングなどコミュニケーション全般で、対面の会議よりもやりにくい” “海外との会議の数がオンラインになって増えた気がする” “対面にはない距離感があり、集中しきれていない”など「戸惑いの声」が弊社に寄せられました。そこでPEGLは、顧客の声を参考にミーティングとファシリテーションに特化したカリキュラムを設計し、本コースを開設する運びとなりました。

また、オンライン会議では発言する人としない人が明確に分かれるため、「個人の貢献度」もより目立つようになりました。英語力を数日間で一気に上達させることは難しいですが、会議においての「対処法」や「マインドセット」を理解しているだけで落ち着いて参加することが出来ます。本コースは、トレーニングに加え、ミーティング・ファシリテーションの基本やテクニックなども学んで頂けるため、すぐに実践の場で役立つ構成となっています。

【対象者】
・英語でのミーティング&ファシリテーションスキルの基本的知識を得たい方
・英語で会議(対面&バーチャル)をしているが、対応に苦慮している方
・英語中級(TOEIC600点目安)〜上級者向け


【講座の特長】
①オンライン会議も含む英語会議の基本やテクニックを学ぶことができる
②実際の会議のような設定でトレーニングを行うことができる。
講座に含まれるシミュレーションでは、講師2名と受講生の計3名で、本番さながらのミーティングに臨み、ミーティング上必要な英語コミュニケーションスキルを測ります。参加者としての立場だけでなく、希望に応じてファシリテーターとしても参加できます。
※シミュレーションのご提供は、現在法人向けコースのみです。
③(1)~(3)の学びのサイクルで、学習理解を深めるとともに、実践練習ができる機会を提供する
(1)インプット=映像講義(英語講義+日本語講義)
(2)アウトプット=BBTオンライン英会話
(3)実践トレーニング・効果測定=シミュレーション
④多国籍講師とのオンラインレッスン



【講師紹介】
  • ターニャ・バッハ氏(Tanja Bach) *講義言語:英語

コンサルタント、ファシリテーター、コーチとして、多国籍企業やビジネスパーソンを対象にグローバルに対応したスキル開発を担当。ビジネス感覚、タイムマネジメント、交渉、プレゼンテーション、異文化コミュニケーションをテーマにしたワークショップ講師として、金融、IT、医薬業界に多くのクライアントを持つ。英語、ドイツ語、日本語に堪能であり、外国人として初めて日本MBTI協会認定ユーザー資格を取得する。DiSCコンサルタントおよびグローバルレディネスサティフィケートを有し、プラチナムトレーニングでの指導に加え、ビジネス・ブレークスルー大学大学院でインターナショナル ネゴシエーション講師として教鞭を取る
 
  • 木内 裕也氏(Yuya Kiuchi) *講義言語:日本語

ミシガン州立大学アメリカ研究博士号取得。国際会議、企業間交渉、テレビ放送などでの同時通訳ならびに実務翻訳を中心に活動。バラック・オバマ元大統領の自伝、『マイ・ドリーム』の翻訳者。アフリカ系アメリカ人の歴史と文化を学術専門分野としてデトロイトやボストンなどで研究を行う。ミシガン州立大学では、アメリカ研究、大衆文化の授業を担当。上智大学で通訳講座を担当した経歴も持つ。TOEIC、TOEFLで満点、英検1級など主要な英語資格検定で最高峰の記録を持つ。 




【詳細リンク】
(法人のお客様): https://www.bbt757.com/business_english/common/pdf/Meeting_Facilitation.pdf
(個人のお客様):  https://pegl.ohmae.ac.jp/※7/15(木)より公開
 
  • PEGL(ペグル) 実践ビジネス英語講座~Practical English for Global Leaders~について
大前研一が長年の経営コンサルタント人生で培ってきたノウハウを伝授すべく監修・開設された英語講座。本講座は「国際ビジネスの場で結果を出せるコミュニケーション能力」を習得できるよう、英語力だけなく、異文化理解やEQなどの「グローバルマインド」、世界で起こっている様々な情報や、ロジカルシンキング、クリエイティブシンキングなどの「考える力」も同時に習得する。100%オンラインで受講が可能であり、レベルや目的に応じて初級・中級・上級、マネジメント力トレーニング、リーダーシップ力トレーニング、ビジネススモールトーク、TOEIC L&R講座~中級編~、ビジネス即戦力トレーニングコースA・Bから選択する。開講以来の受講者は10,000人以上。

(法人サイト)https://www.bbt757.com/business_english/
(個人サイト)https://pegl.ohmae.ac.jp/
 
  • BBTオンライン英会話について
ビジネスの現場で役立つ英語コミュニケーション力が習得できるよう、徹底的なロールプレイを行う“ビジネスオンライン英会話サービス”。担当講師はグローバル企業や政府機関での勤務経験を持ち、高品質なレッスンを提供。ビジネスコース・マネジメントコース・英文Eメール講座の3つのコースから選択可能。PEGL講座にも含まれる。https://bbtonline.jp
 
  • BBTについて
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作などあらゆる年齢層に対し生涯に渡る「リカレント教育」を提供する。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。また、1,300社以上の企業に対して研修を提供。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。https://www.bbt757.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビジネス・ブレークスルー >
  3. テレワーク環境でも慌てない!英語会議でのミーティングスキルを習得する『(リモートワーク対応)ミーティング&ファシリテーションコース』【7月開講】