スイスの腕時計ブランド、チューダー(TUDOR) がブティック限定モデルを6月24日(木)より販売開始

ブティック限定モデル「BLACK BAY FIFTY-EIGHT BRONZE BOUTIQUE EDITION」

チューダーのアイコニックモデル「ブラックベイ フィフティ-エイト」についに加わるブロンズバージョン。アジャスティングシステム付き新型クラスプを備えた、初めてのブロンズ製ブレスレットモデルをブティック限定にて 2021年6月24日(木)より発売します。

          ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション 490,600円(税込)       ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション 490,600円(税込)

チューダーにとってシンボリックな素材であるブロンズ。蓄積されたノウハウとともに最高のパティーナの探求を続け、大胆にもフルブロンズモデルに辿り着いたのです。芳醇な“ブロンズブラウン”をベースにした新しいカラーパレットが、細部に至るまで海軍のインスピレーションに溢れたこのダイバーズウォッチのダイアルとベゼルを彩ります。世界約50のチューダー ブティックに限定して販売されるブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ。マニュファクチュール キャリバー MT5400搭載による高いパフォーマンスと妥協のないデザインが、隠せぬ風格を滲ませます。


KEY POINTS
・39mm、 着用者のライフスタイルに合わせて色が変化するブロンズ製ケース 、サテン仕上げ
・マット仕上げのグラデーション “ブロンズブラウン”ダイアル、アプライド アワーマーカーとアラビア数字
・COSC認証かつ非磁性シリコンバランススプリングを備えるマニュファクチュール キャリバー MT5400、パワーリザーブは約70時間
・1969年に登場したチューダーのダイバーズウォッチの象徴であるスノーフレーク針、スイスのスーパールミノヴァ®コーティング
・チューダー独自の“T-fit”アジャスティングシステム付きクラスプを備えるブロンズ製ブレスレット、“ブロンズブラウン”ファブリックストラップも付属
 

A CASE THAT "CHANGE"
新しいブラックベイ フィフティ-エイトの最たる特徴は、歴史的な船やダイビングの装備に着想を得たブロンズ製ケース。そして、1950年代後半のチューダー ダイバーズウォッチ、特にチューダー初の200m防水を達成した伝説のRef.7924(通称「ビッグクラウン」)に見られる象徴的なプロポーションを採用した39mmのケースサイズです。

 

この時計に使用されるアルミニウムとブロンズの高品質合金はまさに「生きた」素材。かつて海軍の造船工学でプロペラといった高い耐食性を要する部分に用いられていました。ブロンズは身に着ける者のライフスタイルに応じて、独特で美しいパティーナを生み出します。また本モデルは、ブラックベイの哲学に基づいた高い機能性のみならず、ブロンズ素材全体にサテン仕上げを施すことで均質で美しい経年変化を実現しています。

外縁から中央にかけてグラデーションを描くマット“ブロンズブラウン”のドーム型ダイアルと、針やアワーマーカーとリンクするゴールドのアクセントをあしらったベゼルがこのモデルの美しさを際立たせ、かつて大海原へと向かう冒険者たちの腕元で時を刻み続けていたかのような風格を漂わせます。

 

THE ORIGINS OF TUDOR BRONZE
ブロンズはステンレススチールとは異なる特性を持つ合金で、時計のケースとして加工する際に用いられるユニークなクラフツマンシップは注目に値します。チューダーのために製造されたブロンズとアルミニウムの合金は、バー状に成型されたのち、スラッグと呼ばれる数センチの高さの円柱にカットされます。その後高温加熱されたスラッグは熱いうちにフリクションプレスで何トンもの加圧を受け、一つひとつ型打ちされるのです。円筒状のローマテリアルが、粗削りであるものの時計のミドルケースの形に変身する瞬間です。

ここからケーシングできる状態のブロンズ製ケースが完成するまで、少なくとも40の工程を踏まなければなりません。連続した機械加工を経てフォルムは最終形となり、ケースの機能上必要になるねじ切りや穴開けといった工程や、様々な仕上げおよび磨き作業が機械や職人の手によって施されたのち、輝きを放つ外装が生まれます。しかし環境によって外観が急速に変化するというブロンズならではの特性は、これらの製造プロセスや組み立て工程を一層複雑なものにします。当然ながら終始手袋を着用した状態で、ブロンズウォッチ専用の手順に沿って行われる一連の品質テスト。とりわけ防水性能検査に関しては、素材のパティーナが進まないよう検査と検査の間に必ず時計全体を乾燥させなければならないのです。

NEW BRONZE BRACELET
ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディションはブロンズウォッチ製造の経験豊富なチューダーが初めて取り組んだ、ブレスレット全体までもがブロンズ製の新しいモデルです。1950~60年代にかけて作られたチューダーのリベット式ブレスレットを彷彿とさせるサテン仕上げのブレスレットは、ケースと等しいペースでゆっくりとパティーナを生成します。同じくサテン仕上げの新型クラスプはカバーが一新され、サイズ調整を可能にする“T-fit”アジャスティングシステムを装備。工具不要の簡単な操作で、着用者自身が8mmの長さを5段階で調節することができるようになっています。
 

COMPLIMENTARY FABRIC STRAP
チューダーと海軍との深い関わりを語る上で欠かせないファブリックストラップ。両者の歴史の中で生まれたその独特の用法は、現代のモデルに息づいています。かつてチューダーはフランス海軍にブレスレットなしで時計を納品し、隊員たちはハンドメイドのストラップなど、各々にフィットするものを取り付けて使用していました。チューダーのダイバーズウォッチのアーカイブの中に、しなやかなゴールドの糸を使用したパラシュート素材のストラップを取り付けたものがあります。これは実用面で非常に優れており、このブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディションに付属するジャカード織のコンプリメンタリーファブリックストラップの着想源となったのです。

チューダーは2010年にいち早くファブリックストラップを採り入れて以来、常に先駆者であり続けます。フランスのサン・テティエンヌで150年以上家族経営を続けるジュリアン・フォール社によって、19世紀製の織機を用いて生み出されるファブリックストラップは、品質と快適さの両方を実現する唯一無二の存在です。2010年に初めてヘリテージ クロノのためにファブリックストラップを採用する前から続くパートナーシップは、類まれなるノウハウを生み出し、2020年で記念すべき10周年を迎えました。

THE MANUFACTURE CALIBRE MT5400
ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディションに搭載されたマニュファクチュール  キャリバー MT5400は時針、分針、秒針を備え、他のチューダーのマニュファクチュール キャリバー同様、特徴的な仕上げが施されています。一体鋳造のタングステン製ローターには透かしがあしらわれ、サンドブラスト加工が施されたサテン仕上げとなっています。ブリッジとメインプレートはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げでレーザー加工によりデコレーションが施されました。

堅牢性、耐久性、信頼性そして精度を兼ね備えたこのムーブメントは、2ヶ所で固定されたトラバーシングブリッジによって支持される可変慣性テンプを有しています。また非磁性のシリコンバランススプリングを備えるほか、MT5400はスイス公認クロノメーター認定を取得しています。その認定ではムーブメントの状態で日差が-4秒から+6秒を基準としているが、チューダーはさらにその上、腕時計として組みあげられた状態で日差が-2秒から+4秒というより高い基準を達成しています。

その他の特筆すべき特徴は約70時間のパワーリザーブ。それは金曜日の夜に腕時計を外し、月曜日の朝に身に着けたときに再びゼンマイを巻く必要がないのです。

THE ESSENCE OF BLACK BAY
他のブラックベイのモデルと同様、このブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディションは1969年のカタログに登場したモデルにみられる「スノーフレーク」と呼ばれる時針のデザインを採用しています。また1950年代に製造されたチューダーの初期ダイバーズウォッチならではの特徴であるダイアルデザインやプロテクターなしのリューズ、ラグを貫通するラグ穴といった要素の幾つかを見出すことができます。

伝統を感じさせる佇まいに現代的な機械式時計の要素が混ざり合い、ブラックベイは誕生しました。それは単なる「過去のモデルの復刻」ではありません。チューダーのダイバーズウォッチが持つその70年の歴史を具現化し、現代によみがえらせたのです。そのネオビンテージといえるコンセプトに、製造技術や信頼性、堅牢性、精度が加わり、今日における真の実用時計としての存在感を示しています。

THE TUDOR DIVERS' WATCH
チューダーのダイバーズウォッチの歴史は1954年、Ref.7922の登場から始まりました。当時100m(330フィート)の防水性能を誇った同機は、チューダーのダイバーズウォッチの起源と言えます。堅牢性、信頼性、精度を備えた実用時計というチューダーにおいて一貫して続く哲学。Ref.7922の登場から約70年の間、チューダーのダイバーズウォッチはその哲学のもとで進化を続け、様々な分野のプロフェッショナルたちや、世界中の海軍から支持を得てきたのです。

 


モデル詳細
BLACK BAY FIFTY-EIGHT BRONZE BOUTIQUE EDITION (REFERENCE 79012M)

 

​​ ・CASE

39mm ブロンズ製ケース
厚さ11.9mm、全長48mm
サテン仕上げ
ブロンズカラーPVDコーティングを施したスチール製ケースバック
・BEZEL
ブロンズ製逆回転防止ベゼル
60分目盛り付きマット“ブロンズブラウン”のアルマイト加工ディスク
・WINDING CROWN
ブロンズ製スクリュー式リューズ
チューダーローズのレリーフ
・DIAL
“ブロンズブラウン”、ドーム型
・CRYSTAL
ドーム型サファイアクリスタル
・WATERPROOFNESS
200m(660フィート)
・BRACELET
ブロンズ製リベットブレスレット
サテン仕上げ
“ブロンズブラウン”ファブリックストラップ(ゴールドカラーのライン入り)/ブロンズ製バックルが付属
・MOVEMENT
マニュファクチュール キャリバー MT5400
両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
・PRECISION
COSCによるスイス公認クロノメーター認定
・POWER RESERVE
約70時間
・FUNCTIONS
時針、分針、秒針
秒停止機能による正確な時刻設定
・OSCILLATOR
スクリュー調整式可変慣性テンプ
非磁性素材であるシリコン製バランススプリング
振動回数:28,800/時(4Hz)
・TOTAL DIAMETER
30.3mm
・THICKNESS
5mm
・JEWELS
27石

ブティック限定モデル販売店
TUDOR BOUTIQUE GINZA(チューダー ブティック 銀座)
東京都中央区銀座6-7-18 / 03-6263-8474 / 水曜定休

TUDOR BOUTIQUE OSAKA(チューダー ブティック 大阪)
大阪府大阪市中央区南船場4-4-8 / 06-6245-1926 / 水曜定休

TUDOR BOUTIQUE HIROSHIMA(チューダー ブティック 広島)
広島県広島市中区本通1-14 / 082-544-1313/ 水曜定休

ABOUT TUDOR
チューダーは独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランドです。チューダーの起源は1926年にまで遡り、この年ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフの代理で、スイスの腕時計メーカーが「チューダー(The Tudor)」を初めて登録。その後、1946年ハンス・ウイルスドルフは、ロレックスの品質と信頼性を有し、先駆性を備えた腕時計を製造するために、モントル チューダー SAを設立、自身の名義で再登録しました。チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきました。ブラックベイ、ぺラゴス、ヘリテージ、ノースフラッグといった象徴的なモデルをラインナップし、2015年以来、多様な機能を搭載した機械式マニュファクチュールムーブメントモデルを世に送り出しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ロレックス株式会社 TUDOR >
  3. スイスの腕時計ブランド、チューダー(TUDOR) がブティック限定モデルを6月24日(木)より販売開始