ものづくり×デジタル化=Connected Industriesをテーマにした日欧ビジネスピッチ・コンテスト「TechBIZKON IV」が開催されました

2020年12⽉2⽇(⽔)に、オーストリア、ドイツ、フィンランド、⽇本のスートアップと各国のエコシステムをつなげるピッチコンテスト「TechBIZKON IV」が開催されました。コンテストの他に、各国代表が⽇本と欧州のエコシステムに着いて語るパネルディスカッション、各国スタートアップ、⼤⼿中堅企業、および、政府系関係者とのネットワーキングの機会が提供されました。オンライン参加者と来場者を合わせ多くの方々にご参加いただき、大盛況のうちに終了いたしました。
4度目となる今年は、ものづくり×デジタル化=Connected Industries※1をテーマに、インタラクティブなセッションが各国スタートアップ、企業、支援機関によって繰り広げられました。パネルディスカッションでは、製造現場における技術の現状についてams、BMW Group、Nokia Solutions and Networks G.K.が登壇、スタートアップとイノベーションの現状についてはCIC Tokyo、 German Accelerator、Austrian Business Agency、Enter Espoo Oyが登壇し各国のスタートアップを取り巻く環境について意見が交わされました。続くスタートアップによるピッチセッションでは、製造現場におけるデジタル化のためのソリューションと可能性について各国を代表するスタートアップが7分間のショートピッチにて熱く語りました。


最後には、オンライン・オフライン参加者の投票により、下記4社のベスト・スタートアップが選ばれ、海外でのさらなる成長を後押しする魅力的な賞品が贈られました。

<ベストスタートアップを受賞したスタートアップ紹介

全てのカテゴリーで最高得点を獲得したスタートアップ賞:


Prewave GmbH プリウェーヴ社(オーストリア

SNS等公開情報に基づい てサプライチェーンのリスクを自動かつ早期に特定する企業分析プラットフォームを提供するPrewave GmbHはCIC Tokyoのコワーキングスペース半年間無料利用パスを受賞。
企業HP:https://www.prewave.com/ 




最もクリエイティブでイノベイティブなスタートアップ賞


HACARUS INC ハカルス社(日本)

産業・医療分野向けAI製品とサービスを提供するHACARUS INCは、ドイツのスタートアップB2Bプラットフォーム・展示会「TWENTY2X」でのワークステーションを受賞。

企業HP:https://hacarus.com/





最もヨーロッパ市場に対応できる製品を提供する日本スタートアップ賞:


XELA Robotics Co., Ltd.
セラ・ロボティクス社 (日本)

革新的な触覚センサ技術を提供するXELA Robotics Co., Ltd.は、オーストリアへの往復航空券、宿泊費、現地での2週間にわたるインキュベーションプログラムが含まれる「Golden Ticket」を受賞。

企業HP:https://xelarobotics.com/


最も情熱的なプレゼンテーションをしたスタートアップ賞


Blue Danube Robotics GmbH 
ブルー・ダヌーブ・ロボティクス社(オーストリア)


安全が確保された上で人間と協働できるロボットとサービスを提供するBlue Danube Robotics GmbHは、最も情熱的なプレゼンテーション賞として、フィンランドの特産品を受賞。

企業HP: https://www.bluedanuberobotics.com/ 




メインイベント終了後にハイブリッド形式で行われたネットワーキングには、海外のスタートアップがアバターロボットnewme(ニューミー)※2を通して参加しました。COVID19の影響で来日がかなわなかったスタートアップがロボットを遠隔操作し、会場を動き回り、来場者と対面で会話をし、名刺交換をする姿に会場は盛り上がり、新たな繋がりが生まれました。

イベントの模様は こちらよりご閲覧いただけます:
https://www.youtube.com/watch?v=f2jHaahYJEY&feature=youtu.be

主催:在日ドイツ商工会議所、ADVANTAGE AUSTRIA TOKYO、BUSINESS FINLAND
共催:日欧産業協力センター、CIC Tokyo/Venture Café Tokyo, German Centre for Research and Innovation Tokyo
スポンサー:Austrian Business Agency、GERMAN ACCELERATOR、GLOBAL INCUBATOR NETWORK AUSTRIA、BMW Startup Garage、Nokia Corporation、Deutsche Messe AG / TWENTY2X、EWG - Essen Economic Development Agency、Red Bull
サポーター:Embassy of the Federal Republic of Germany

お問い合わせ先
  • 在日ドイツ商工会議所(大内)+81 (0)3 6723-0757 mouchi@dihkj.or.jp
  • Advantage Austria Tokyo(小野寺)+81 (0)3 3403-1777 Tokio@advantageaustria.org
  • Business Finland(鈴木)+81 (0)3 6432-5271 ryoko.suzuki@businessfinland.fi
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
組織紹介:

在日ドイツ商工会議所
在日ドイツ商工会議所は、92カ国に140拠点を有する在外ドイツ商工会議所(略称:AHK)のグローバルネットワークに属し、その活動はドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)により助成されている。1962年より企業の海外への市場参入や事業活動を支援し、会員制組織として国内最大の日独間ビジネスネットワークを有する。また、対外貿易促進機関として日独経済の架け橋としても活動している。
HP: japan.ahk.de/jp/

Advantage Austria Tokyo(オーストリア⼤使館商務部)
オーストリア⼤使館商務部は、オーストリアの独⽴機関であるオーストリア連邦産業院(WKÖ)の貿易局(Advantage Austria)が世界に擁する約100ヶ所の在外事務所のひとつとして、オーストリア企業の⽇本でのビジネス活動を幅広く⽀援している。
HP: www.advantageaustria.org/jp/

Business Finland (通商局)
フィンランドの政府機関であるBusiness Finland(通商局)は、イノベーションの促進と資金提供及び企業の国際化支援を通して、フィンランドを世界規模のサクセスストーリーが生まれるような競争力のあるイノベーション環境にすると同時に、旅行や投資の魅力的な目的地とすることがビジョン。650名のエキスパートが世界各国の40拠点とフィンランド国内16のオフィスにて活動。
HP: www.businessfinland.fi

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)
ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)は、ドイツの大学、研究機関、研究開発重視の企業を包括し、イベントや情報提供を通じて、学術、研究、およびイノベーションの拠点としてのドイツを日本で紹介。DWIH東京は、ドイツ外務省の支援により2010年に設立され、2017年からはドイツ学術交流会(DAAD)が運営。HP: https://www.dwih-tokyo.org/ja/

日欧産業協力センター
日欧産業協力センターは1987年5月に設立され、日EU間の産業協力を担う中核的機関として、経済産業省と欧州委員会の資金で運営されている財団法人。日EU間ビジネスマッチング、会議、政策セミナー、対欧州企業人の研修事業、日EUの理工系学生インターンシップ事業、研究開発事業等を通じ、日EU間の情報交換・人的交流を促進し、競争力向上を支援。HP: https://www.eu-japan.eu/ja

CIC Tokyo / Venture Café Tokyo
日本最大級のスタートアップ集積拠点。起業家、投資家、政府・自治体関係者、ベンチャーを支援するプロフェッショナル、学生、研究者等から成るコミュニティメンバーを中心に、グローバルなイノベーションコミュニティを構築。日本最大のイノベーションコミュニティであるVenture Café Tokyoは、CIC Tokyoを拠点としてオープンコミュニティの形成を行なっている。HP: https://jp.cic.com/ HP: https://venturecafetokyo.org/


※1 Connected Industries(コネクテッドインダストリーズ)
経済産業省が2017年に提唱したドイツのIndustry 4.0に並ぶ概念。⼈・モノ・技術・組織などがつながることによる新たな価値創出を、⽇本の産業の⽬指すべき姿(コンセプト)として示した概念。

※2 newme(ニューミー)
「newme」(URL:https://avatarin.com/avatar/newme/)とは、2020年4⽉にANAホールディングス発の初めてのスタートアップとして設⽴されたavatarin㈱がこれまで⾏った実証実験の結果をもとに、社会への普及に必要な機能を備えた普及型コミュニケーションアバターです。⾃分の分⾝となる「newme」に存在・意識を伝送することで、物理的な距離を越えたコミュニケーションをはじめとしたあらゆる⽤途で⾃分の分⾝として活⽤することが可能です。「newme」ユースケース動画:https://www.youtube.com/watch?v=1cf0fcDp4qo
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オーストリア大使館商務部 >
  3. ものづくり×デジタル化=Connected Industriesをテーマにした日欧ビジネスピッチ・コンテスト「TechBIZKON IV」が開催されました