芸術の力で心と心をつなげる現代アートの祭典「おいでまい祝祭2022 ~心がつながる街ごとアート~」2022年8月7日(日)開幕

2022年8月7日(日)より「おいでまい祝祭2022 ~心がつながる街ごとアート~」が開幕いたします。

本展は香川県内の広域エリアで現代アーティストによる地域芸術祭を行うもので、瀬戸内圏域を拠点として活動する作家に加え、国内外で多くの作品を発表しているヤノベケンジ氏が率いるアートユニット「モフモフ・コレクティブ」を招いて行われるものです。
コロナ禍の今、”芸術が持つストレートな力で、人と人、心と心を繋げていくこと”を目指し、「心がつながる街ごとアート」をテーマに掲げ、夏と秋の2シーズンに渡り、アート作品の発表を行います。
(本事業は文化庁「ARTS for the future! 2」の支援事業として採択されています)

本展では、現代美術作家ヤノベケンジ氏が新たにユニットを組んだ「モフモフ・コレクティブ」や瀬戸内を拠点に活動するアーティスト・アートマネージャーのネットワーク「瀬戸内アートコレクティブ」から高松明日香氏、樋口聡氏、金孝妍氏に加え、藏本秀彦氏、辻孝文氏、千葉尚実氏の参加が決定しました。アートの様々な作品が「商業施設」「商店街」「ホテル」「結婚式場・神殿」「空港」と街中に飾られます。

この夏にしか味わえないアートと街が一体となった「おいでまい祝祭2022」が、人々の心に彩りを添えます。
  • アート×商業施設
おいでまい祝祭2022スペシャルアーティストのヤノベケンジ氏、小西葵氏、山口京将氏のモフモフ系アートユニット「モフモフ・コレクティブ」の作品が丸亀町グリーン「けやき広場 東館ガーデン」に登場します。今回おいでまい祝祭2022の企画に、モフモフ・コレクティブからは、ヤノベ氏の新作≪SHIP’S CAT(Mofumofu22)≫がスーツからふわふわなしっぽをのぞかせます。小西氏の「不思議生物」をモチーフに柔らかな彫刻≪ケダマ(チョコボール)≫と≪ニョロ(黒糖ドーナツ棒)≫、毒を含む「キモ可愛い」宇宙人的キャラクター造形で空間の変容を創造する≪ホッグ≫が広場を行きかう人々に安らぎと癒しをお届けいたします。このモフモフの登場に合わせ、見て可愛い!食べて美味しい!スイーツやパンが期間限定で販売されます。アートと食で人々の心がくすぐられる丸亀町グリーンの夏をお楽しみください。

◇展示:モフモフ・コレクティブ

  • アート×ホテル
8月7日(日)のおいでまい祝祭2022のスタートに伴い、コミュニティホテル&ホステル「WeBase高松」がモフモフ・コレクティブとコラボレーションし、エントランスや客室にモフモフオブジェの世界で瀬戸内国際芸術祭2022に訪れた人々をお出迎えいたします。

◇「WeBase 高松」エントランスがモフモフに!
モフモフ・コレクティブの小西氏や山口氏の約2mもの大きなモフモフオブジェで、「WeBase 高松」の2階受付エントランスが彩られます。大きさの中にも人々に訴えかけるような表情のオブジェに思わず立ち止まり、モフモフの世界へ引き込まれてしまいそうに。

展示期間:8月7日(日)~11月6日(日)
展示会場:コミュニティホテル&ホステル「WeBase高松」 〒760-0052 香川県高松市瓦町1丁目2−3

  • アート×結婚式場・神殿

高松市香川町にある結婚式場「ザ・チェルシー」の神殿「ザ・ムーラン」に美術家 藏本秀彦氏の≪真鍮のドレス brass dress≫が展示されます。平安時代に建立された「龍満山天満神社」を包む和庭園に溶け込み、さりげなく存在感を漂わせている神秘的な木の五角錐をかたどった優雅なフォルムは黄金調の傾斜した多面体で構成の神殿に、藏本氏の真鍮で作られたドレス6体が纏う、幸せや喜びと共に切なさや悲しみなどの何とも言いようのない表現を感じられる唯一無二の空間となります。

展示会場:ザ・チェルシー「ザ・ムーラン」〒761-1705 香川県高松市香川町川東下1878
展示期間:8月7日(日)~9月4日(日)
  • アート×空港

モフモフの世界が高松空港にも出現!モフモフ・コレクティブの山口氏の≪チャップス≫が空港の中を行き交うツーリストに旅の思い出と言うお土産をお届けします。瀬戸内の自然を連想させる鮮やかなグリーンにレモンのような黄色の顔が目印の≪チャップス≫を高松空港で探してみてください。

展示会場:高松空港 〒761-1401 香川県高松市香南町岡1312-7
展示期間:8月7日(日)~9月4日(日)
9月29日(日)~11月6日(日)
  • アート×商店街
おいでまい祝祭2022のコンセプト「心がつながる街ごとアート」の想いに賛同頂いた高松丸亀町商店街(長さ約470m)、南新町商店街(長さ約297m)の皆さんと共にお届けする総長約800mの街ごとアート展示を開催いたします。現代アートと店舗のコラージュで生まれるアーティスティックな空間は、昼夜問わず展示されるので、商店街の新たな一面がお楽しみいただけます。またおいでまい祝祭2022のイメージバナーを高松丸亀町商店街に設置し、商店街アーケードをジャックします。現代アートの祭典をあらゆるところで感じていただき、夏の高松を味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。

展示作品一例

展示場所:高松丸亀町商店街(丸亀町酸3町ドーム広場、名物かまど 高松店、イングリッシュローズ、無印良品 高松)、南新町商店街(メガネのタナカヤ、春風堂 南新町店)
展示期間:8月7日(日)~9月4日(日)
  • 参加団体・アーティスト紹介
◇モフモフ・コレクティブ

現代美術作家ヤノベケンジ氏が、全身を毛だらけの柔らかな彫刻をつくる小西葵氏、有機的なボディに特徴的な顔を取り付けた山口京将氏の2名と「モフモフ・コレクティブ」としてモフモフ系のアートユニットを結成。瀬戸内国際芸術祭2022に訪れた人々に癒しと安らぎをお届けします。

作家プロフィール
●ヤノベケンジ 現代美術作家
1965年大阪生まれ
1990年初頭より、「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある機械彫刻を制作。ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた作品群は国内外から評価が高い。2005年、全長7.2mの《ジャイアント・トらやん》を制作。2008年、京都芸術大学ウルトラファクトリー開設、ディレクターに就任。2011年、東日本大震災後、希望のモニュメント《サン・チャイルド》を制作、国内外で巡回展示される。2017年、「船乗り猫」をモチーフにした、旅の守り神《SHIP’S CAT》シリーズを制作開始。《SHIP’S CAT(Muse)》が2022年に開館した大阪中之島美術館に恒久設置され、注目されている。
http://www.yanobe.com

●小西葵(こにしあおい)
現代美術家 1998年福岡生まれ
「不思議生物」をモチーフに柔らかな彫刻やパフォーマンスを通じて独自の世界観を展開する。「ブルーピリオド展」「びわこビエンナーレ2022」などに参加。

●山口京将(やまぐちきょうすけ)
現代美術家 1999年和歌山生まれ 京都芸術大学大学院在学中
毒を含む「キモ可愛い」宇宙人的キャラクター造形で空間の変容を創造する。

◇瀬戸内アートコレクティブ

瀬戸内で活動する現代アーティスト・アートマネージャーのネットワークとして、地域を拠点にアートプロジェクトやパブリックアートの制作に携わっています。
アートが持つ可能性や価値をより多くの人々と共有し、共に形作ることで、アーティストの活躍の場を広げるとともに、豊かな文化芸術の土壌を形成することを目指しています。

作家プロフィール
●藏本 秀彦(くらもと ひでひこ)
1989筑波大学大学院芸術研究科修了。
2016「藏本利彦+藏本秀彦 絵画展~思考の断面、記憶の輪郭」/坂出市民美術館(坂出)、2017「CROSS POINT 交差する視線―20の表現」/香川県立ミュージアム(高松)、2018「高松市美術館コレクション+木村忠太とこぼれる光の中で/高松市美術館(高松)、2021「国讃めと屍」藏本秀彦・水谷一 美術展/瀬戸内海歴史民俗資料館(高松)など美術館での企画展に参加。コバヤシ画廊、ギャラリー山口などで個展を重ね、県内では丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、あーとらんどギャラリー、佐野画廊、gallery ARTE 、Kinco.hostel+café、などで個展開催。

●高松 明日香 (たかまつ あすか)
1984年香川生まれ 2009年、尾道市立大学大学院美術研究科(デザイン) 修了。
絵画を制作し、組み合わせることで生まれる空間を作品としている。
主な展覧会に2017年、「届かない場所 高松明日香展」 三鷹市美術ギャラリー(東京都)がある。 2014年、第7回岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞受賞。2016年、平成28年度 香川県文化芸術新人賞受賞。2021年「シェル美術賞展アーティスト・セレクション2021」 国立新美術館(東京都)出品。

●金 孝妍 (キムヒョヨン)
現代美術家 1980年韓国生まれ。2017年第10回「I氏賞」奨励賞受賞。2020年「I氏賞受賞作家展」(岡山県立美術館)、2022年の個展「息する瞳-Breasphere-」(高梁市成羽美術館)で大型作品やインスタレーションを展開。環境や場所等の「関係性」をテーマに身体を直に介入させその相互作用の痕跡を作品に仕立て上げている。

●樋口 聡 (ひぐち さとし)
1989 香川県生まれ。2017 大阪芸術大学油画専攻卒業. 2022 現在、香川県立高松工芸高等学校美術科で教諭として勤務。
直近の展覧会に2022年「これから起きること」(Kinco.)、2021年「a-g art to garden」 (善通寺五岳の里)、「高松工芸高等学校美術家教員作品展 キジバトの巣」(Share gallery 206)など。

●辻 孝文(つじ たかふみ)
1985 岡山生まれ。2010 トーキョーワンダーウォール公募2010 トーキョーワンダーウォール賞。2007 メルボルン日本芸術祭(オーストラリア)日豪芸術様式美賞。2006 モントリオール国際芸術祭(カナダ)カナダ日本フランス芸術友好賞。人の営みを軸に、近年は、繰り返される事、物事の多面性をテーマに作品を制作する。

●千葉 尚実(ちば なおみ)
1979 香川生まれ。2002 大阪芸術大学美術学科平面コース卒業。
個人と集団の関係性や、宗教や民俗学のリサーチから得たものを、様々な素材や方法で作品にする。最近の展示として、2020「香美アートアニュアル vol.8 明日へ続く日々」香美市美術館(高知)。2019 「イノビオーダー」['15/'17] いの町周辺(高知)など。

アートマネジメント
●片倉 恒(かたくらひさし)
京都芸術大学 美術工芸学科卒業。
外資コンサルティングファーム、広告代理店での勤務を経て2016年から『瀬戸内アートコレクティブ』を発足。代表兼アートマネージャーとして地域を拠点に活動するアーティストやアート関係者と共に、瀬戸内圏を中心にアートプロジェクトを展開。

●名合 貴洋 (なごうたかひろ)
米国オクラホマ州立大学 化学科卒業。
ニューヨークで見たアートをきっかけにアートの道へ、独学で制作を始める。
現在は岡山の美術展示施設で展示の企画・運営を行う。
昨年より瀬戸内アートコレクティブにも参加し、アートプロジェクトやパブリックアート活動に参加している。
  • おいでまい祝祭2022 ~「おいでまい祝祭2022 ~心がつながる街ごとアート~」開催情報

開催期間  :2022年8月7日(日)~11月6日(日) 全91日間
夏会期開幕日:2022年8月7日(日)
開催場所  :高松丸亀町商店街、丸亀町グリーン、南新町商店街、WeBase 高松、高松空港、ザ・チェルシー

公式情報
HP            :https://shukusai.com
Instagram :https://www.instagram.com/oidemaishukusai
Twitter      :https://twitter.com/oidemaishukusai
Facebook   :https://www.facebook.com/oidemaishukusai
ハッシュタグ:#おいでまい祝祭2022 、#oidemaishukusai2022
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社瀬戸内アートコレクティブ >
  3. 芸術の力で心と心をつなげる現代アートの祭典「おいでまい祝祭2022 ~心がつながる街ごとアート~」2022年8月7日(日)開幕