Senxeed Robotics、吉本興業・ReadSpeaker共同で、吉本興業所属のお笑い芸人ゆりやんレトリィバァのコンテンツ「ゆりやんアバター」を搭載したロボット活用の実証実験を開始

サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うSenxeed Robotics株式会社(本社:東京都/代表取締役社長:青柳 和洋、以下当社)は、吉本興業株式会社とObEN(オーベン)社が設立した合弁会社Yoshimoto ObEN AI Agency社(本社:東京都/代表取締役社長:志村一隆)のコンテンツ「ゆりやんアバター」、また、ReadSpeakerによって開発されたAI音声合成「ゆりやんボイス」搭載した、Robot Showroom Guideの実証実験を開始致しました。凸版印刷大阪ショールーム「PLAZA21関西」(大阪府大阪市)にて体験が可能となります。

  • Robot Showroom Guideの概要
AIコミュニケーションロボット「Cruzr」が、ショールーム内を案内してくれます。ロボットを活用することで、非対面かつ効率的なショールームツアーを可能とします。
詳細:https://www.senxeed.com/robot-showroom-guide
ゆりやんアバターを搭載した動画:https://youtu.be/19FTRG8qC7o

  • ゆりやんアバターおよび吉本ObEN AIエージェンシー社の概要
お笑い芸人の「ゆりやんレトリィバァ」さんをモデルにした、吉本ObEN AIエージェンシー社初のアバタータレントです。
参考動画:https://youtu.be/cZBDXUIaYZI

吉本興業株式会社とObEN, Inc.がパートナーシップを締結し、国内最先端のアバターコンテンツとIPエージェンシーを創り出しました。吉本興業㈱の誇る多種多様な所属タレントと、ObEN社のAIベースのアバターテクノロジーを組み合わせることで、『吉本ObEN AIエージェンシー』は、所属タレントのアバターや新規ヴァーチャルタレントを含む、様々なヴァーチャルIPを作成・管理します。 これらのアバターは、日本及び世界中のブランディング、デジタルメディア、エンターテインメントアプリケーションで使用されます。

社名:Yoshimoto ObEN AI Agency
設立:2020年8月
本社:東京都新宿区新宿
代表:代表取締役 志村一隆
 
  • ReadSpeakerの概要
ReadSpeakerはHOYA株式会社の事業ブランドのひとつで、『AI』を使った音声合成, 人工音声ソリューションを提供しています。
「ゆりやんアバター」で使われている「ゆりやんボイス」は、30分の「ゆりやん」さんの声を使って、ReadSpeakerの技術とノウハウを駆使して開発したオリジナルボイスです。
(ゆりやんボイス詳細URL:
https://readspeaker.jp/news/articles/casestudy_20220518_Yuriyan-Retriever.html
タレント、声優、ナレーターの声を再現する「オリジナルボイス」の開発を得意領域とする「ReadSpeaker」の高い技術力は、「ゆりやん」さんの声を音声合成にした際の「機械的」「不自然さ」を限りなく少なくし、違和感なく「『ゆりやんさん』"らしさ"」を再現しました。
「通常のしゃべり方」だけではなく、「喜び」「怒り」「悲しみ」の『感情を持ったしゃべり方』も再現できるのがReadSpeakerのAI音声合成の特徴です。

社名:HOYA株式会社
本社:東京都新宿区西新宿
代表:代表執行役CEO 池田 英一郎
URL:https://readspeaker.jp/
導入事例:https://readspeaker.jp/case/
 
  • 凸版印刷大阪ショールーム「PLAZA21」での実証実験概要
目的:ショールームに訪問されるお客様(B2B)への新たな提案および実績づくり
期間:期間:2022年6月1日~2022年6月17日迄(6月20日以降もCruzur単体でのご紹介は可能です。)
場所:凸版印刷大阪ショールーム PLAZA21(大阪府大阪市北区中之島2-3-18中之島フェスティバルタワー24階)
詳細:https://www.toppan.co.jp/showroom/plaza21.html
※見学は完全予約制、法人のお客様のみとなります
内容:ショールーム内共創ゾーンの紹介
ロボットコンテンツ:
共創ゾーン紹介ツアー:ロボットが自律移動をしつつ、ゆりやんアバターによる共創ゾーン内の紹介をしていきます。
紹介動画:ロボットとの対話形式で、共創ゾーン内取り組みの紹介動画を流します。
ダンス:ロボットが、デフォルトで搭載されているダンスをします。
 
  • Senxeed Robotics(センシードロボティクス)の概要
多様なロボットの導入が拡大していく中で、人とロボットが共生する社会を創っていくことを目指し、国内外のロボットメーカーと連携を図りながら、ロボットの導入、社会実装を進めています。

社名: Senxeed Robotics株式会社 (旧:IGP ROBOTICS株式会社)
代表: 代表取締役社長 青柳 和洋
本社: 東京都港区南麻布2丁目8−21 SNUG 302
ホームページ: https://www.senxeed.com/
事業内容:
·      ロボットを活用したソリューションの企画・開発・運営
·      ロボット向けプラットフォームの提供
·      海外ロボットメーカーの国内展開、輸入及び代理店
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Senxeed Robotics株式会社 >
  3. Senxeed Robotics、吉本興業・ReadSpeaker共同で、吉本興業所属のお笑い芸人ゆりやんレトリィバァのコンテンツ「ゆりやんアバター」を搭載したロボット活用の実証実験を開始