オークネット 日本医療大学との産学連携を開始

リアルタイムモザイク「LiveMasq(ライブマスク)」を活用したオンライン学内臨床実習教育を実施

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎、以下:オークネット)は、医療従事者の教育における産学連携として、AIを活用して撮影しながらリアルタイムで動画内の特定の人物以外へ顔モザイクをかけるリアルタイムモザイク「LiveMasq(ライブマスク)」を日本医療大学(北海道札幌市、学長:太田 誠)に導入し、連携第1弾となるオンライン学内臨床実習教育を実施いたしました。
■日本医療大学へのリアルタイムモザイク「LiveMasq」導入の背景
 リハビリテーション専門職教育の現場では、新型コロナウイルスの影響により、医療従事者の育成に際して必要とされる臨床実習教育の実施が困難になっております。
 このような状況の中、オークネットは本年3月にサービスを開始したリアルタイムモザイク「LiveMasq」を活用した臨床実習教育を日本医療大学にご提案し、学生が教室に居ながら臨床場面を見学、可能な限り通常の参加型に近いオンライン学内臨床実習教育を開始する運びとなりました。

<実施内容>
 今回は、日本医療大学のリハビリテーション学部作業療法学専攻4年生22名・教員3名と、札幌市内A病院の臨床実習教育者(以下、CE)1名・患者2名が参加、遠隔会議システムを用いて日本医療大学とA病院をオンラインで接続し、ライブ映像で臨床場面を見学、その後リハビリテーション現場の模倣および実施段階を実習しました。
 ライブ映像は、「LiveMasq」によって患者の顔に持続的にモザイクがかけられ、個人情報を保護。その際、事前登録したCEの顔にモザイク処理はされません。「LiveMasq」は、映像だけではなく音声のやりとりも可能なため、患者に対するCEの解説や、学生とCEの質問応答を活発に行うことで、臨場感のある学びの機会になりました。

本臨床実習教育の風景本臨床実習教育の風景

<結果>
 今回の臨床実習教育に関するアンケートに学生15名からの回答があり、臨床実習教育の見学段階として、学生からは13名の好意的な回答をいただきました。「現場の雰囲気が感じられた」「事前情報から予測した臨床像と違いがあった」「事前情報からの変化が分かった」「CEに直接質問できて良かった」などリアルタイムで見学する利点が伺えました。
 また、教員からは「臨場感が伝わる」「教員の見解を伝えることができる」といった、臨床実習教育の代替に留まらず、従来の事例報告会では果たし得ない効果もあるとの意見もいただきました。

<今後の展開>
 コロナ禍における臨床実習教育はもちろん、その他の授業や科目でも「LiveMasq」を活用した教育の実施が可能と考え、臨床実習教育以外への活用検討も進めてまいります。
 検討活用の例として授業時間内に現場とリモートでつなぎ、療法士が患者に実施している検査や治療手技の一部を見学する可能性が広がります。これにより、学生間のシミュレーションでは限界のある、患者像を早い段階でイメージすることに役立ちます。
 また、アフターコロナにおいても本取り組み同様に「LiveMasq」を用いた映像による教育方法は、さらに活用の幅が広がっていくと考えられます。 


■リアルタイムモザイク「LiveMasq」とは
 撮影しながら特定の人物以外に顔モザイクをかけるiOSアプリです。オークネットの子会社である株式会社オークネット・アイビーエス(本社:東京都港区、代表取締役:天野 保男、以下:オークネット・アイビーエス)が開発した、ディープラーニングを活用した人物動画認識技術で、動画に映る複数の人物を自動トラッキングしてモザイク処理いたします。オークネット・アイビーエスが2017年から提供しているAIを活用した顔識別サービス「Andy(アンディ)※」の技術を活用して開発しました。URL:https://livemasq.com/

<「LiveMasq」の主な機能>
 ①撮影しながらリアルタイムで特定の人物以外に顔モザイクをかける
 ②撮影済み動画や静止画に対して特定の人物以外に顔モザイクをかける
 ※①②とも全員に対して顔モザイクをかけることも可能

 また、人間の骨組みや上半身を認識した上で顔の位置を推定する技術を実装することで、開発段階は困難だったマスクをした顔にモザイクをかけることも実現し、ニューノーマルの時代に対応しております。

 ※「Andy」とは:IoTとAIで企業とお客様をつなぐサービスです。顔写真を撮影するだけで簡単に顧客登録でき、カメラとAIで顧客を自動認識します。認識した顧客データは、各種端末へ通知したり、お客様のスケジュール管理と連携した音声誘導を実現します。現在は、この「Andy」の技術を活用し、AIによる顔識別で膨大な写真の中から条件に合致する写真をセレクトすることができる「Andy Photo Book」をサービス提供しています。


【日本医療大学について】

 2014年に開学した医療系総合大学です。看護学科、リハビリテーション学科、診療放射線学科、臨床検査学科の4学科を擁し、大学に隣接し日本医療大学病院(2021年8月移転)、介護老人保健施設日本医療大学リハビリ(2021年8月新設)があり、医療と福祉の現場を身近に感じながら実習やチーム医療を学修する環境が充実しています。URL:https://www.jhu.ac.jp/

【オークネット・アイビーエスについて】
 オークネットは1985年に世界初のリアルタイム中古車オークションを開始、「あしたの流通を創造する」という理念のもと、「情報の信頼性」「運営ノウハウ」「独自システム」の3要素を軸に、現物を見なくても安心した取引の実現を図ってまいりました。オークネット・アイビーエスは、オークネットの事業会社としての豊富な実績と運営ノウハウに、最新の技術を適用したITプラットフォームを提供すべく2015年1月に分社化して誕生し、場所・時間・環境など既存ビジネスの様々な制約条件を最新の通信・WEBテクノロジー・クラウドソリューションで突破し、新たなビジネススキームの創造に貢献します。URL:https://aucnet-ibs.com/

【オークネット会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表者:代表取締役会長CEO 藤崎 清孝、代表取締役社長COO 藤崎 慎一郎
創業年月日:1985年6月29日
資本金:1,765百万円 (2020年12月31日現在)
連結売上高:24,078百万円 (2020年12月期)
連結従業員数:821名(2020年12月31日現在)
株式:東証第一部(コード番号:3964)
URL:https://www.aucnet.co.jp/

■サービス窓口
株式会社オークネット・アイビーエス  「LiveMasq」担当
TEL: 03-6440-2680 MAIL:info@aucnet-ibs.com

■本件に関する学校関係者様からのお問い合わせ
日本医療大学 保健医療学部リハビリテーション学科
作業療法学専攻 教授 大堀 具視
TEL:0166-351-6100 MAIL:t_ohori@jhu.ac.jp

■本件に関する報道関係者様からの問い合わせ
株式会社オークネット 総合企画室 高野・横田・廣中
TEL:03-6440-2530 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オークネット >
  3. オークネット 日本医療大学との産学連携を開始