生活者同士がレビューをシェアすることで報酬が貯まり、ブランドとつなぐ、「三方よし2.0」の共創型おすすめシェアプラットフォームEDiTuSが2022年6月14日より、アクアクララと連携開始

-「EDiTuS×アクアクララ」広告を使わずにユーザーの口コミでのD2c導入連携を開始-

R3
株式会社アール・スリー(本社:神奈川県横浜市青葉区 代表取締役 CEO:⻄尾達哉)、アクアクララ株式会社(本社:東京都港区港南 代表取締役社長:赤津裕次郎)は、両社のサービスビジョンを「共有・共感」することを通して連携を図り、事業領域の「枠」を超えて連携することで「便利で安心な社会を永続的に支え、健康な体・環境・生活を維持すること」を目指します。


「EDiTuS×アクアクララ」レベニューシェアプログラム連携開始キャンペーンについて

■レベニューシェアプログラム「EDiTuS」とのキャンペーンを下記内容で実施します。
【実施期間】2022年6月14日(火)15時〜9月30日(金)正午まで
【報酬料率】投稿者、購入者へ各5,000リワード付与(通常時3,000リワード)
【参加方法】「EDiTuS」に登録いただき、ハッシュタグ「#アクアクララ」をつけて「EDiTuS」に直接投稿または、「#アクアクララ」「#エディタス」の両方をつけてInstagramから投稿


■EDiTuS:https://editus.fun/
生活の中で自らのストーリーを創りだす人を「エディタ」と考えます。
「選び方を知っているエディタ」のおすすめは、その人の歴史そのもの。
そんなこだわりの「おすすめを選んだ人」はこれまで知らなかった世界を知ることで日々の生活のクオリティが上がる。
人の想いを伝えることで生まれる新たな出逢いから「信頼」を生み出す。
レベニューシェアはすべての人に創造性を促すことから生まれる人とひととの絆を育て、持続可能な関係性を創り出す「共創型おすすめシェアプラットフォーム」です。


EDiTuSは、D2C(Direct to Consumer)を支援する共共創型おすすめシェアプラットフォームとして、ユーザー同士がおすすめレビューを紹介し合い、レビューしたユーザー(投稿者)とそれを見て購入、または現地で「顧客体験」したユーザー(閲覧者)双方に加盟店から謝礼として「報酬」が支払われるレベニューシェアプログラム。

ユーザー自らがエディタとなり、お気に入りの店・ECサイトや商品を発信し、次の潜在ユーザーへとつなげてくれるため、参加するブランドや事業者はこれまでのような広告モデルに頼らずともその商品およびサービスの認知度と売上げ向上につながる新たなマーケティング手法。
具体的な機能として、インスタグラムやAmazonアソシエイト・プログラムとも連携し、カテゴリーごとにレビューを集め、閲覧可能になると同時にユーザーはEDiTuSにも直接投稿できる仕様です。


お問い合わせ先:info@r-three.co.jp
株式会社アール・スリー
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-9-16 平野ビル6-3F
担当者 中野・須藤
コーポレートサイト:https://r-three.co.jp

以上
  1. プレスリリース >
  2. R3 >
  3. 生活者同士がレビューをシェアすることで報酬が貯まり、ブランドとつなぐ、「三方よし2.0」の共創型おすすめシェアプラットフォームEDiTuSが2022年6月14日より、アクアクララと連携開始