本年劇場公開5本目の気鋭 片山享監督最新作『道草』12月9日劇場公開決定! ポスタービジュアル&予告編解禁!

【青野竜平&田中真琴 出演者コメントあり】

合同会社夢何生(本社:神奈川県横浜市、代表社員・社長:夏井祐矢、以下「夢何生」)は配給・宣伝協力作の映画『道草』(監督:片山享)が2022年12月9日(金)に公開する事をお知らせ致します。

 

 

俳優事務所であるハイエンドが製作する映画第二弾。2022年10月1日より公開された第一弾『わかりません』に引き続き、片山享が監督を務めた。本作は12月9日からシモキタ - エキマエ - シネマ『K2』にてロードショーが決定した。同監督の初長編となった『轟音』は北米最大の日本映画祭であるJAPANCUTSネクジェネレーション・コンペティション部門、シッチェス映画祭ブリガドーン部門にノミネートされるなど国内外での注目作となった。そして今作が本年五本目の長編劇場公開作という驚異的なスピードで作品を生み出している。その創作力を支えている俳優出身の監督という出自を生かした演出にも注目が集まる。

 

 

本作では、凡庸に生きてきた画家が他人の絵・評価・価値観に翻弄されていく様を通じ「自分らしさとは何か」「価値とは何か」という芸術家に限らず普遍的なテーマを巡る物語を抒情的に、かつ鮮烈な描写で見事に紡いでいる。その問いに飲み込まれていく画家・榎木道雄役にはENBUゼミナール シネマプロジェクト発の映画『河童の女』(20)で映画初出演にして主演に抜擢された青野竜平。ヒロインとなる富田サチはネクストブレイクの呼び声高く、映画・ドラマ・舞台と話題作への出演が相次ぐ田中真琴が務めた。そのほか、モデルとしての活動に加えて映画『PARALLEL』(22)など俳優業でも注目のTao、片山組に欠かせぬキャラクターを担う大宮将司のほか、谷仲恵輔、山本晃大、入江崇志ら実力派の俳優陣が揃った。また現在、池袋シネマ・ロサにて2週間限定公開中の『わかりません』は好評を博し、延長上映が決定した。

 


出演者コメント
青野竜平
演じた榎本道雄は、売れない画家です。僕は絵をかいた経験があまりなかったので、無我夢中で一から絵画を習い臨みました。ヒロインのサチ役を演じた田中真琴さんがとても魅力的で、田中さん無くして道雄はいませんでした。片山享監督は、どんな時も丁寧に全力で向き合い、すべてを受け止めてくれました。撮影期間中、夜通し書いた一発勝負の絵や、道雄を通じ経験した時間の中で自分のすべてを絞り出した先に見えた景色があり、それを皆さんにも見て欲しいと思います。価値について考えたり、翻弄されたりすることは生きていく中で誰にでもあると思います。これから観てくださる人にとってこの作品が、何かしらの道草になって頂けたら嬉しいです。


田中真琴
今回富田サチという役を頂いたのですが、私はサチがとても大好きな役でした。芯があって優しくて、ユニークで、しなやかで、私自身そんな女性に憧れているので今回作品の中でそういう女性になれたことがとても幸せでした。片山監督は私が描くサチをとても可愛がってくれて、例えば川で道雄くんとまどろんでいるシーンとかでも私がやりたい事を尊重して演出してくださったので私にとってそんな事初めてで、とても思い入れのある作品になりました。

 


監督ステートメント 片山享
他人にとってはいらないものが自分にとって宝物だったりすることがある。映画もしかりで、他人にとっては駄作だったが、自分にとっては大傑作ということもしばしば。価値観の相違とでも言うんでしょうか。この、価値、みたいなものに時々翻弄されます。自分の価値はどのくらいあるのか、とか。仕事もそうですが、人にとっての自分
の価値も。その価値はどう測ったら良いのだろうか。はたまた、測る必要があるのか、ないのか・・・道草でもしながら考えてみたいと思います。

 


作品情報
あらすじ 【遠回りの先に、描いたもの】
画家の榎本道雄(青野竜平)は、日の目を浴びたキャリアもなく、ごみ収集のバイトで生計を立てている。しかし、そんな生活にも満足していた。ひょんなことから出会った富田サチ(田中真琴)はそんな道雄の絵が好きだと言い、二人は付き合い始める。幸せな日々がきっかけとなり、それまで思い描いたこともなかった画家としての成功を意識するようになっていくが、道雄の絵は売れない。焦燥感に駆られていたある日、道雄がごみ収集に向かうと自分の作風とは全く異なる激しいタッチの抽象画が捨てられていた…。

出演
青野竜平 田中真琴
Tao 谷仲恵輔 山本晃大
大宮将司 入江崇史

スタッフ
プロデューサー:大松高 撮影:深谷祐次 照明:松島翔平 録音:坂元就・杉本崇志 制作:山田夏子 監督補佐:安楽涼 助監督:風間英春 ヘアメイク:谷口里奈・富田貴代 スタイリスト:磯﨑亜矢子・青山新 カラリスト:深谷祐次 整音:坂元就 絵画提供:大前光平 美術協力:sinden inc.・大門佑輔 宣伝デザイン:あおときinc. 櫻井孝佑 制作プロダクション:ハナ映像社 配給・宣伝協力:夢何生 企画・製作:ハイエンド合同会社 監督・脚本:片山享
2022年/日本/122分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/DCP
https://www.highendzworks.com/michikusa

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社夢何生 >
  3. 本年劇場公開5本目の気鋭 片山享監督最新作『道草』12月9日劇場公開決定! ポスタービジュアル&予告編解禁!