日本最大級のホームセンターを展開するアークランドと、家電業界最大手のヤマダホールディングスが日本最大級の次世代型新業態で異業種間コラボ

暮らしに関するカテゴリーが集積、まずは3年で6店舗展開

アークランドサカモト株式会社
株式会社ヤマダホールディングス
======================================================================
アークランドサカモトとヤマダホールディングスの店舗開発における業務提携について
日本最大級のホームセンターを展開するアークランドと、
家電業界最大手のヤマダホールディングスが
日本最大級の次世代型新業態で異業種間コラボ
~暮らしに関するカテゴリーが集積、まずは3年で6店舗展開~
======================================================================

 

新業態店イメージ図新業態店イメージ図

■新業態コンセプト
アークランドサカモトとヤマダホールディングスが業種を超えてコラボレーション、お客様の⽣活をワクワクさせる「総合生活提案型ショッピングスクエア」が誕⽣します。
広々としたスペースに、業種を超えた専⾨店が集まり、プロフェッショナルな従業員が丁寧に対応。⽇々の暮らしをより豊かに彩るための、すべてを揃えたショッピングスクエアです。店舗は、超大型の太陽光発電装置を設置し、地域の防災拠点として非常用自家発電装置・給水設備を備えて、サスティナブルな社会づくりに貢献します。

ホームセンタームサシ、ビバホームを運営するアークランドサカモト株式会社(本社:新潟県三条市、代表取締役会長 兼 CEO:坂本 勝司)と、ヤマダデンキを運営する株式会社ヤマダホールディングス(本社:群馬県高崎市、代表取締役会長 兼 CEO 山田 昇)は、延床面積2万坪の次世代型新業態「総合生活提案型ショッピングスクエア」を2022年度から展開します。今後3年間で6店舗の出店を予定しています。なお、ホームセンターと家電量販店の異業種がコラボレーションして商業施設を開発・運営するのは、日本初となります。


■アークランドサカモト×ヤマダホールディングスの新業態の特長

  • 生活に関連するあらゆるカテゴリーが集積
  • すべての商品・サービスが揃うデスティネーションスクエア
  • 専門知識を持つ従業員が新しいライフスタイルを提案
  • 出店投資効率の大幅な向上
  • SDGsに対応した店舗で社会に貢献
 

■新業態店出店予定
2022年~2024年の3年間で6店舗の出店を予定しています。

2022年 愛知県一宮市、東京都八王子市
2023年 神奈川県平塚市、石川県野々市市
2024年 長野県須坂市、大阪府茨木市




■アークランドサカモトについて
アークランドサカモト株式会社は、「暮らしいきいき⽣活企業」を基本コンセプトに、ホームセンター・アート&クラフト・ペットショップ・フードサービス・フィットネスなど様々な暮らしに関する事業を通じて、皆様の”暮らし”を豊かにするお⼿伝いをいたします。

 ■ヤマダホールディングスについて
株式会社ヤマダホールディングスは、主力の家電販売をはじめ、住宅や家具・インテリア、リフォーム、不動産、保険・金融等「暮らしまるごと」 を提案するさまざまなサービスを通じて社会的価値を生み出し、成長を続けていきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
アークランドサカモト株式会社   E-mail:pr_info@arcland.co.jp 小林・渡部
株式会社ヤマダホールディングス 経営企画室 清村  電話:027-345-8947 FAX:027-345-8948
  1. プレスリリース >
  2. アークランドサカモト株式会社 >
  3. 日本最大級のホームセンターを展開するアークランドと、家電業界最大手のヤマダホールディングスが日本最大級の次世代型新業態で異業種間コラボ