Jリーグオフィシャルライセンス許諾デジタルトレーディングカードサービス「Jリーグ エールトレカ」事前登録を開始

 「選手・チーム・リーグ・ファンをつなぐ循環型の新しい経済圏をつくる」をミッションとする株式会社OneSports(読み:ワンスポーツ 本社:東京都豊島区 代表者:杉野 範和 以下 OneSports)は、NFTを活用しJリーグオフィシャルライセンスを利用した、「Jリーグ エールトレカ」の事前登録が開始したことをお知らせいたします。

■「Jリーグエールトレカ」とは本サービスは、トレーディングカードが持つ、「見る、集める、交換する」をデジタルの力でアップデートさせたエンターテイメントサービスです。ピッチにあった全ての選手を網羅し、ピッチでの活躍シーンを動画として収録した新しいトレーディングカードの形を提供します。集めた「好き」が資産となり、「好き」を媒介とした仲間が見つかるサービスです。実物のトレカのように長期的なコレクティブアイテムになるべく、100年後に残り文化となるサービスを目指しています。

■新しいデジタルコレクティブサービス
 既存のスポーツNFTサービスは、どこでも見ることができる映像をNFTとして販売するのみで、購入したNFTを所有していても用途がないものが非常に多いです。NFTは良くも悪くも証明書でしかなく、所有し続ける意味を、サービスとして提供し続けることが大事だと考えております。
 エールトレカでは、NFTを販売するだけを目的とせず、所有し続けることが応援となり、価値が守られるデジタルコレクティブサービスを目指します。投機目的でなく、本当に好きな人が所有したくなるサービスを提供します。

■エールトレカが目指すもの
 スポーツやコンテンツで既にすばらしい文化を作り上げている「トレーディングカード」をデジタルによるアップデートを加えることで、「好きなこと」が広がり、ファンや競技者など関わる人、全てに還元がされ、より盛り上がれる世界を作ることを目指しています。多くの人の「好き」が資産になることで、より好きなことに熱中できるサービスを提供します。

■本サービス提供に於ける役務分担
 本サービスの提供に際しては、株式会社OneSportsが公益社団法人日本プロサッカーリーグとライセンス契約を締結し、 株式会社プレイシンクが開発とパブリッシングを担当しております。

 <事前登録方法>
https://yell-tc.com/pre/

上記URLにアクセスいただき、LINEログイン後、エールトレカ公式アカウントとフレンド登録することで、事前登録が完了します。

*本発表に掲載の画像は開発中の画面であり、実際の仕様とは異なる場合があります。

■株式会社OneSports 会社概要
【会社名】株式会社OneSports
【代表   】代表取締役 杉野 範和
【所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45F
【設立】2020年2月13日
【URL】https://www.onesports.co.jp/

 私たちは、スポーツを「楽しむ人」を増やし、日常をより豊かにしていくデジタルスポーツエンターテインメント・カンパニーです。 前身であるモブキャストゲームス時代の2010年にスポーツゲーム「モバプロ」のリリースを皮切りにして、野球、サッカー、バスケットボール、競馬、プロレスなど複数のゲーム配信と運営に携わり、累計800万人以上のユーザーとコミュニケーションしてきました。今後も、スポーツ×テクノロジーが生み出す無限の可能性のなかで、ファンと選手の価値を創造し、日常をより豊かにしていきます。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社OneSports >
  3. Jリーグオフィシャルライセンス許諾デジタルトレーディングカードサービス「Jリーグ エールトレカ」事前登録を開始