サーキュラーヴィレッジ・大崎町から持続可能な社会を実現する「OSAKINI プロジェクト」 ウェブサイトをリニューアルし、事業詳細・進捗を公開!

一般社団法人大崎町SDGs推進協議会(所在地:鹿児島県大崎町 代表理事 千歳 史郎、以下大崎町SDGs推進協議会)は、「サーキュラーヴィレッジ・大崎町」をフィールドに、循環型社会を各地へ展開する「OSAKINI プロジェクト」に取り組んでいます。そして、この度、協議会の実施事業を包括的に発信するべく「OSAKINI プロジェクト」のウェブサイトを大幅にリニューアルしました。

▶ 「OSAKINI プロジェクトWEBサイト」 http://osakini.org/

本ウェブサイトでは、住民、企業、行政などステークホルダーの方々との協働をより促進し、新しいコラボレーションを生み出していくことを目的に、各プロジェクトの詳細や最新の進捗を公開していきます。

また、現在多くのお問い合せをいただいている事業の情報も充実させています。研修や修学旅行などの視察に関する形態・料金や、企業版ふるさと納税の受け入れ体制・展開など、協働をご検討いただくうえでのガイドとなる基本情報をご紹介しています。

今後、各プロジェクトの進捗は、ウェブサイト上で随時、情報発信してまいります。


<「OSAKINI プロジェクト」とは>

「OSAKINI プロジェクト」は、リサイクル率12年連続⽇本⼀の鹿児島県大崎町を舞台に、すべての資源が循環する持続可能な社会をつくるプロジェクトです。 住民・循環型社会づくりに取り組む人・企業と共に、サーキュラーヴィレッジ・大崎町として、世界に新しい社会のカタチを実装していきます。



<ウェブサイトに新しく発信していく情報>
●視察の詳細

2021年度は、3月14日時点で、のべ40地域から400名以上の方々が、大崎町SDGs推進協議会を通じて視察にお越しになりました。大崎町のリサイクルの取り組みをご紹介する企業向けの研修や、修学旅行のプログラムのご相談も数多くいただくことから、基本情報を掲載し、ご案内いたします。 ●プロジェクトの概要と進捗の記事
「OSAKINI プロジェクト」の事業の透明性を確保するとともに、ステークホルダーとなる方々との協働を促進することを目的に、各プロジェクトの進捗を記事化し、アーカイブしていきます。 ●企業版ふるさと納税の受け入れについて
「OSAKINI プロジェクト」は、循環型社会の構築を目指す、幅広いジャンルや業界の方々からのご支援によって成り立っています。2023年度までの目標金額は10億円と明記し、「OSAKINI プロジェクト」の展開に、ご賛同・ご支援いただけるご寄附を随時受け付けます。
<今後公開予定のプロジェクト例>
  • 「サーキュラーヴィレッジラボ」主催の研究プロセスや成果
大崎町やこれからの社会に必要な科学的知見からの評価・研究・実践を行うためのプログラム「サーキュラーヴィレッジラボ」の中で、進められている研究プロセスや研究結果を公表していきます。2021年度内に、国立環境研究所との共同研究の結果を公開予定です。
  • 埋立ごみの削減に向けた取り組み
埋立ごみを削減することで、大崎町のリサイクル率を82.6%から95%まで向上させることを目指すプロジェクト。2022年度からは、埋め立てごみの再資源化のための実証実験をおこなう予定です。
  • 大崎リサイクルシステム横展開に向けた取り組み
低コストな廃棄物処理システム「大崎リサイクルシステム」を、大崎町以外の地域・エリアで実験・実装するプロジェクトです。すでに展開先として検討を進めている地域の方々と対話を重ね、廃棄物削減と資源循環率の向上を目指します。
  • SDGsをテーマにした教材開発
これからの循環型社会に相応しい学習教材を、教員の皆様をはじめとした教育現場を担う方々ととも開発をします。町内の資源循環の取り組みを基盤とした環境教育を中心とし、その他社会課題など発展的要素を含んだ教材づくりを想定しています。
  • 地元事業者様との環境配慮型の商品開発
大崎町SDGs推進協議会の理事でもある鹿児島相互信用金庫と協働し、大崎町内の事業者様と一緒に環境配慮型の商品開発を進めています。
※その他のプロジェクトについても順次公開してまいります。

<鹿児島県大崎町とは>

⼤崎町は広⼤なシラス台地が広がる⾃然豊かな⼤隅半島に位置し、⾃治体として12年連続でリサイクル率日本一を達成し、「ジャパンSDGsアワード」内閣官房長官賞を受賞するなど、環境問題への取り組みは「⼤崎リサイクルシステム」として世界的に評価されています。また、温暖な気候と溢れる湧⽔で育む農畜産物は、⽣産量も国内最⼤級ながら、⾼い品質を求め常に挑戦し続けています。
U R L:https://www.town.kagoshima-osaki.lg.jp/

<団体概要>
所 在 地 :鹿児島県曽於郡大崎町菱田1441 ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅 管理棟2F
代 表 者 :千歳史郎(代表理事)
事業内容 :リサイクル率12年連続日本一を獲得した大崎町を舞台に、多様なパートナーと協働して研究開発・人材育成・情報発信などに取り組み、サーキュラーエコノミーを推進する。
設 立:2021年4月
U R L:https://osakini.org/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人大崎町SDGs推進協議会 >
  3. サーキュラーヴィレッジ・大崎町から持続可能な社会を実現する「OSAKINI プロジェクト」 ウェブサイトをリニューアルし、事業詳細・進捗を公開!