プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社SHIFT AI
会社概要

生成AIツール活用事例を大公開!「SHIFT AI」第三回リアルイベント開催レポート

生成AI 国内トップインフルエンサーによる特別講演を実施。URL:https://lp.shift-ai.co.jp

株式会社SHIFT AI

「日本をAI先進国に」を掲げAIのビジネス活用を学べるメディア・コミュニティ「SHIFT AI」を運営している株式会社SHIFT AI(東京都渋谷区、代表取締役 木内翔大)は、2023年9月28日(水)に三回目となるリアルイベントを開催しました。

  • 第三回リアルイベント「個人、企業で最もインパクトのある生成AIツールの活用事例を大公開」について

第三回目となる今回は、数々のメディアで編集長を、多くのイベントでモデレーターを務められている「小澤 健祐氏」をモデレーターに、生成AI 国内トップインフルエンサーの「チャエン 氏」をお招きし、SHIFT AIメンバー限定の特別講演を実施、その後、情報交換を兼ねた懇親会を実施しました。


<実施テーマ>

・最新の生成AIトレンド

・最新のAIニュース解説

・今後ビジネスチャンスのあるAIシステム開発アイデア


  • 最新の生成AIのトレンド

始めに、「最新の生成AIのトレンド」をテーマに特別講演が行われました。


<生成AIトレンド>

・ChatGPT2ヶ月でMAU1億人

※Open AIの株式公開にも注目

・第4次AIブーム

・SoftBankの孫さんの生成AI活用


経営層のコミットメント重要性についトップダウンでAI活用を実現するには「構造化」してきちんと伝えていくことが重要でありTOP層のAI教育が最も大切であると語りました。


  • 最新のAIニュース解説

次に、「最新のAIニュース」について解説、議論をしておりました。


<AIニュース>

①Adobeが商用利用が可能に

②Google Bardの大幅アップデート

③ChatGPTで画像読み込み、音声会話が可能に


今後も、エージェント系の発展やOpen AIのデベロップイベント等があるのでAIの動向に注目していきたいと締めた。


  • 今後ビジネスチャンスのあるAIシステム開発アイデア

最後に、「ビジネスチャンスのあるAIシステム開発アイデア」について議論をしておりました。

チャエン氏はスタートアップやスモールビジネスがある中で既存にあるビジネスの裏側の効率化を行いスモールビジネスから始めた方が良いと語りました。

それに比べスタートアップは天才 or 圧倒てき営業力の人のみおすすめであると語りました。


<スタートアップ例>

・業界特化LLM

・海外ツールを爆速で日本語化で販売

・メタバース×生成AI

・ChatGPRにアイディアを聞く

etc…


最後にインターネット黎明期に誰もがGoogle、Facebookを知らず、それらのサービスは最初万人したわけではないためGenerative AI領域においてもまだフロンティアがあると締めくくりました。


  • 懇親会について

小澤氏、チャエン氏の特別講演の後、パートナーと「SHIFT AI」の会員様で懇親会を行いました。


・今後の生成AIを活用したビジネスのトレンドを押さえておきたい方

・企業幹部層やAI、DX推進担当、個人レベルでAIの活用を推進して行きたい方

・生成AIを活用したサービス開発に興味があるエンジニア、bizdev、経営者

・AI×特定のトピックで話ができる仲間を見つけたい方

・協業、採用に繋げて行きたい方


が30名近く来場しパートナーとAIに関する、幅広いお話が行われておりました。


今後も「SHIFT AI」ではこのようなイベントを定期的に開催予定です。

↓「SHIFT AI」入会申し込みはこちら↓

URL:https://lp.shift-ai.co.jp


  • イベント登壇パートナー

生成AI活用のトップランナーお二人に登壇いただきました。

◆茶園 将裕氏 (チャエンさん)

株式会社デジライズ 代表取締役。GMO AI & Web3株式会社顧問。学生時代に英語圏での1年間の留学後、上海に渡り動画求人サイトの事業で起業。帰国後は日本初世界のAIツールを検索サービス「AI Database」や社内秘書AIアシスタント「Knowledge AI」、著名人向けAI LINE Bot制作「Star AI」、AIシステム開発のサポートサービス「AIロケット」などAI関連サービスを次々とリリース。現在はTwitter等でAI情報発信を行い、AI専門家としてTBSテレビやABEMAにも複数回出演。Twitterフォロワーは9万人。

◆小澤 健祐 氏 (モデレーター)

「人間とAIが共存する社会をつくる」がビジョン。

1000記事以上のAI関連記事を執筆。

AI専門メディア AINOW編集長。生成AI教育のCynthialy顧問

生成AIを活用した自動化ツールCarnotのPR/マーケティング責任者。


  • コミュニティ概要

料金プラン:

月額9,800円 (税込み:10,780円) (半年、年間プランもあり)

特徴・機能:

①国内のAIトップランナーによる講義

各方面のAIトップランナーが、国内外の業種、テーマ別のAI活用事例、実践ノウハウをウェビナー形式で講義。※アーカイブも無制限で視聴可能。

②AI活用の生の情報が集まる場

各業界、職種でAIを上手く活用している企業、個人の生のケーススタディを定期的にFBグループでシェア。

③情報感度、熱量の高い同士

AIへの関心、熱量の高い企業、個人と出会えるオフラインイベント、カンファレンスを実施。

④AI活用個別コンサルティング

半年、年間プランの場合は、AI活用個別コンサルティングも提供。


  • 入会申し込み受付中

SHIFT AIは現在、入会申し込み(ウェイティングリスト登録)受付中です。

※入会はウェイティングリストからの審査制になります。

・コンサルに頼るまではいかないけど、SNSやウェビナーより詳しいケーススタディが知りたい

・AIを活用しているが、効果測定がいまいちで、ネクストアクションが取れずにいる

・AIに興味があって情報を仕入れているが、実際どこから手をつければいいか迷っている

・自社サービスにAI技術を活用したいけど、どうすればいいかわからない

など、この現状を打破し、AIをフル活用するための高品質な情報が得たい方におすすめです。詳しくは、下記にてご確認ください。


SHIFT AI:https://lp.shift-ai.co.jp


  • 代表取締役 木内 翔大について

株式会社SHIFT AI 代表取締役

木内 翔大(きうち しょうた) 


大学時代からフリーランスのWEB・AIエンジニアとして3年ほど活動。その後、2013年に日本初のマンツーマン專門のプログラミングスクール 「SAMURAI ENGINEER」を創業し、累計4万人にIT教育を行なった。

2022年3月に株式会社10X(2023年6月より株式会社SHIFT AIに社名変更)を設立し、「日本をAI先進国に」を掲げAIのビジネス活用を学べるメディア・コミュニティ「SHIFT AI」を運営。


<Twitter>

フォロワー数 6.0万人 (2023年10月現在)

月間インプレッション 7,000万 

「日本をAI先進国に」をテーマに生成AIについて発信。

URL:https://twitter.com/shota7180


<メディア・セミナー出演 >

・テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」等メディア出演多数 

・AI関連セミナー登壇 5回(累計800名が参加) 


【会社概要】

社 名  株式会社SHIFT AI

所在地  東京都渋谷区渋谷2丁目24-12 渋谷スクランブルスクエア

代表者  代表取締役 木内 翔大

設立年月 2022年3月18日

資本金  4,300万

事業内容 コンサルティング / コミュニティ運営 / Youtubeチャンネル運営 / スクール運営

URL:https://shift-ai.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
ネットサービス
関連リンク
https://lp.shift-ai.co.jp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社SHIFT AI

3フォロワー

RSS
URL
https://shift-ai.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区渋谷渋谷スクランブルスクエア39階
電話番号
03-6555-3510
代表者名
木内翔大
上場
未上場
資本金
4300万円
設立
2022年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード