化粧品容器メーカー:石堂硝子(株)がスキンケア容器開発傾向に沿った商品を開発

main image
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    スキンケア容器開発の動きとトレンド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
基礎化粧品を開発するうえで、近年は特に開発コストを抑えて、お客様に価値(ヴァリュー)
のある商品をお届けすることに、商品開発担当の方々が日々苦労をなさっている。

特に、商品ブランドの顔とも言うべきボトルは、ブランド個性を最も表現する要素だけに、
デザイナーの皆さんは微細な点までこだわることが多いようだ。

年間数億円を販売目標とする大型ブランドであれば、オリジナルの型から制作し、
ブランドコンセプトを反映した、個性豊かな容器制作がコストからも可能だが、
近年は様子が違ってきている。

ここ数年は容器メーカーが開発デザインした汎用型を使用し、
ポンプ・キャップ等の色・素材・組み合わせのバリエーションによって
オリジナル化をはかるケースが主流となってきた。
それを可能としている要因として、下記の傾向があげられた。

1 適合するポンプ・キャップのバリエーションが増えた
2 内容物保護力が強い硝子、透明度が高いPCT素材、軽いPET素材等、
  汎用ボトル素材のバリエーションが増えた
3 ボトルメーカーが企画・開発・デザインを充実させた
4 表面加工(着色、印刷等)のアイデア技術を小ロットでも対応
  できるようになってきた
このような「汎用型のボトルをいかにオリジナル化するのか」という命題に対し、
化粧品容器メーカーのポジティブな改善は、これからも続いていく。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ERシリーズを例に、汎用型を上手に個性化させるデザイン提案
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
石堂硝子社でも、昨年末よりシンプルでデザイナーの方々にデザインアイデアの
バリエーションが広がる、ERシリーズという自社型を複数開発途中にある。

このERシリーズを使用し、ボトルの着色、キャップデザインの組み合わせ、
キャップの質感、ロゴの配置・・等、デザインの基本的な違いによって、
同じボトルシェイプであってもここまでイメージ個性を違って表現できるという例を
下記のホームページで発表した。
http://www.ishido-glass.co.jp/2011ertrend.html

同一ブランドでのライン化を検討の場合は、
ERシリーズのみでのライン化の写真も下記ホームページに掲載されている。
http://www.ishido-glass.co.jp/er_series.html

本年も新たな自社型の追加を計画中とか。
近年の化粧品ブランド開発のスピードも加わって、化粧品容器メーカーの
オリジナル汎用型作成の勢いは止まりそうもない。


サンプルご希望の方、詳細情報をご希望の方は下記メールより
お問い合わせください。
お問い合せ先 E-Mail: igweb@ishido-glass.co.jp


弊社では、新製品ERシリーズを筆頭に、表面デザイン・加工によって、
異なった個性を訴求できるボトルを取り揃えております。

東京ショールームにて、ぜひお手にとってご覧ください。
* ショールームへお越しの節は、事前にお電話をお願いいたします。

東京ショールーム :〒160-0023 東京都新宿区西新宿3・2・11
  新宿三井ビル二号館3F
TEL:03・6302・4585
地図 : http://www.ishido-glass.co.jp/showroom.html

お時間のない場合や、具体的なプロジェクト用としてサンプル送付を
ご希望の場合は、下記へご連絡ください。

http://www.ishido-glass.co.jp/contact.html

新製品に関する取材ご希望のメディアの方は下記へご連絡ください。
お問い合せ先: igweb@ishido-glass.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 石堂硝子株式会社 >
  3. 化粧品容器メーカー:石堂硝子(株)がスキンケア容器開発傾向に沿った商品を開発