【この夏、おすすめ!】もっと甘く・美味しくなる、ひんやり“冷やしバナップル"を提案!

~冷蔵庫での保存もできる、新感覚バナナ~

バナナの王様「甘熟王(かんじゅくおう)」を販売する、青果物輸入販売会社の株式会社スミフル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤順次、以下:スミフル)では7月20日(月)よりスミフルオリジナルバナナ、爽やかな大人の甘さ“バナップル”の美味しい食べ方として、冷やすことでもっと甘く・美味しくなる“冷やしバナップル”と、小売店様には冷蔵ケースでの販売をご提案します。
1)おすすめの食べ方!冷やしバナップル
アップル風味?!のリッチな味わいの新感覚バナナとして2012年より販売している「バナップル」は、一般的なバナナと比べ、温度によって甘さが変化する果糖の比率が高いため、常温でも美味しくいただけますが、冷やすとより甘く召し上がれるという特徴があります。

冷蔵庫で保存が可能です。冷蔵庫で保存が可能です。

 


■バナップルはなぜ冷やすと美味しくなるのか?
一般的なバナナを含む果実の甘さのもとは、ショ糖・ブドウ糖・果糖。バナップルは一般的なバナナと比較すると、含まれる糖の割合が異なるため、「甘さの強さや味の質」に影響している。“バナップル”はスイカやブドウ・イチゴ・リンゴなどと同じで冷やすことで、より一層美味しくなるフルーツの仲間。一般的なバナナと違い、「甘さの質」が異なるため、冷やすことでさらに甘く、おいしくなります。また、冷凍庫で凍らせたアイス感覚のバナップルもお楽しみいただけます。
  ●果糖の比率が高い果物)
 スイカ、りんご、イチゴ、ブドウ、日本梨、西洋梨、びわ、さくらんぼ等
 ※果糖は温度によって甘さが変化する。
 ●ショ糖の比率が高い果物)ミカン、オレンジ、グレープフルーツ、カキ、モモ、バナナ、パイナップル等
 ※ショ糖は温度によって甘さが変化することはない。 

冷やすともっと美味しい!冷やすともっと美味しい!

 

  
 
2)冷蔵保存ができる、唯一のバナナです!
バナナの保存適温は一般的に15~20℃ですが、1回でも13℃以下で保存すると低温障害を起こします。しかし、「バナップル」は一般的なバナナと異なり、13℃以下で保存しても低温障害を起こしにくい品種のため、冷蔵保存ができ、常温よりも若干日持ちします。※常温でも保存は可能です。

爽やかな大人の甘さ。爽やかな大人の甘さ。

 


■製品概要
・製品名 : バナップル
・URL: http://banapple.jp/
・価格(メーカー希望小売価格):398円(税抜き)

・販売地域 : 全国のスーパーマーケット、百貨店 ※一部店舗を除く
・Banapple(バナップル)は、“Banana”と“apple”の造語で「アップル?!のような味わいのバナナ」という意味が込められています。 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スミフルジャパン >
  3. 【この夏、おすすめ!】もっと甘く・美味しくなる、ひんやり“冷やしバナップル"を提案!