鉾田12号太陽光分譲ファンド募集開始

市民による発電事業参加と全量買取制度活用による地域資金還流の実現

株式会社ゼックは2019年10月1日より自社12番目のファンドとなる
鉾田(ほこた)12号太陽光分譲ファンドの募集を開始いたします。
募集総額は2億円、50万円/1口からの出資で出資期間は20年、資金を高い利回りで運用できるだけでなく、再生可能エネルギーの普及に貢献することが可能です。発電所設置場所は茨城県鉾田市でパネル出力は806.4kWです。
鉾田12号太陽光分譲ファンドの募集を2019年10月1日より開始いたします。
株式会社ゼックの太陽光分譲ファンドは、一般市民からの出資を募り発電所を建設、売電収益を出資割合に応じて分配することで、一般市民が再生可能エネルギー発電事業に参加することが可能になり、同時に経済的メリットを享受する事が出来る、すなわち地域への資金還流を起こすことができるものです。
今回のファンドで対象となる発電所は経済産業省による事業認定と東京電力との接続契約が完了しており、すでに連系(発電開始)できることが確定しています。固定価格買取制度による買取価格は27円+税となっており、想定する年平均分配率は約8%とこれまでのファンドに近いものになっています。
株式会社ゼックの運営する市民出資による発電所は現在11ファンド14発電所が稼働中で、
すべての発電所において発電量は想定発電量を上回り、分配率も8.5%以上となっております。

■ 発電所詳細
所在地 :鉾田市湯坪字石崎台2316番4 約7890㎡(設置面積)
GoogleMap座標36.182533, 140.530906(この座標で敷地がご覧頂けます)
発電規模:パネル出力806.4kW(契約出力550kW)
募集金額:2億円
売電先 :東京電力 ¥27円+税(固定価格買取制度による決定価格)

鉾田12号太陽光分譲ファンド詳細ページ
https://zecj.jp/fund-no12/

プレスリリースはこちらからDL可能です。
https://prtimes.jp/a/?f=d7322-20190917-9659.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゼック >
  3. 鉾田12号太陽光分譲ファンド募集開始