Q&Aサイト「OKWAVE」の800万件以上の質問コンテンツを活用した『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』を開始

無償提供のAPIを活用し、コストをかけずにQ&Aコンテンツを利用でき収益化も可能

互い助け合いをベースとした法人・個人向け製品サービスを展開する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:福田 道夫)は、当社運営のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)の各機能をAPI化し(※1)、企業との協業を推進するパートナービジネス第1弾として、800万件以上の質問コンテンツを活用した『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』を2021年1月28日より開始しました。
https://okwave.co.jp/service/qa-api/


このたび開始した『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』は、「OKWAVE」の各機能を「OKWAVE Q&A API」としてAPI化し企業向けにデータ提供する新たなパートナービジネスの第1弾です。本プログラムに参画したパートナー企業はAPIを活用することで「OKWAVE」ユーザーから投稿され日々拡大を続けている800万件以上のあらゆる分野の質問コンテンツを自社サイトに設置できます。設置した質問コンテンツの“回答”が掲載された「OKWAVE」のQ&A(質問&回答)コンテンツにユーザーの遷移を促し、その際に表示する広告収益の20%をパートナー企業に分配します。また、質問コンテンツの掲載サイトには当社へのレベニューシェア(分配)の必要のないパートナー企業独自の広告も掲載できます。

『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』はAPI利用料や参加費用などすべて無償で参画できます。新たにコンテンツを作成するコストをかけることなく、自社ユーザーに関心の高い分野の有益な質問コンテンツを利用でき、新たな収益源とすることが可能となります。

当社では、ユーザー同士が疑問や悩みを気軽に相談し解決できるインターネット上の互い助け合いの場の実現に向けてQ&Aサイト「OKWAVE」を20年以上にわたって運営しています。このたびの「OKWAVE Q&A API」の取り組みは、“互い助け合い”を特色とした「OKWAVE」のコンテンツやユーザーコミュニティの力を活用し、企業の収益拡大に貢献する新たな取り組みとなります。

なお、『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』は当社にてパートナー企業を募集する他、Web制作会社等がエンドクライアントに提案を行う場合にもレベニューシェアを適用する代理店制度を設け、API活用を加速させます。また、API等を通じて提供できるデータの種類は今後さらに拡充していく予定です。

当社では今後も“互い助け合い”をベースとした、企業のビジネス貢献に寄与するサービスを提供していきます。

■『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』パートナー企業の声
『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』を先行して参画いただいた、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net/)運営のアクトインディ株式会社、ならびに導入予定の中小製造業のWeb会員事業「エミダス」(https://www.nc-net.or.jp/)運営の株式会社NCネットワークからの、本プログラムへのコメントを紹介します。

○アクトインディ株式会社 お出かけメディア部 笹川裕可 様
「「OKWAVE」のAPIを活用した本レベニューシェアモデルは豊富な質問コンテンツを活用できるため、「いこーよ」を利用するユーザー様であるパパ・ママたちにとって、子育てに関する様々なお悩みを共有、解決できる点が強みであり魅力と感じています。本パートナービジネスにより、ユーザー様の満足度の向上と当社の広告収益の両立が図られることを期待しています。」
当該パートナーサイト:https://iko-yo.net/questions/top

○株式会社NCネットワーク 取締役 井上 直樹 様
「「OKWAVE」のAPIを活用し豊富な質問コンテンツを活用できるため、「エミダス」を利用するユーザー様にモノづくりに関するQ&Aコンテンツを手軽に提供できる点が魅力です。『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』への参画によって、ユーザー様のモノづくりの知識や技術の向上と当社の広告収益の両立が図られることを期待しています。」

■本プログラムにて提供するデータ
質問ID、質問タイトル、質問本文(全文)、質問日時、カテゴリID(大/中/小)、カテゴリ名(大/中/小)、回答数、Q&AページのURL取得
※提供データは今後さらに拡充していく予定です。また、現在未提供のデータへの相談も承ります。


※1 API(Application Programming Interface)とは、ソフトウェアやアプリケーションなどの一部を外部に向けて公開することにより、第三者が開発したソフトウェア/アプリケーションと機能を共有できるようにする仕組みの呼称です。

■株式会社オウケイウェイヴについて
https://okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴ(証券コード:3808)は1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、Q&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体600サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ」(https://okbiz.jp/solutions/okbiz-faq/)やAIチャットボット「OKBIZ. for AI Chatbot」(https://okbiz.jp/solutions/okbiz-ai-chatbot/)、サンクスカードサービス「OKWAVE GRATICA」(https://gratica.jp/)、中小企業向けヘルプデスクツール「OKWAVE IBiSE」(https://ibise.com/)、AMLソリューション「OKWAVE JaNUS」(https://okwave.co.jp/service/janus/)などを提供しています。当社は“互い助け合い”をベースとしたサポート領域における総合ベンダーとして、ビジネス貢献と社会課題の解決に寄与していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オウケイウェイヴ >
  3. Q&Aサイト「OKWAVE」の800万件以上の質問コンテンツを活用した『OKWAVE Q&Aコンテンツパートナープログラム』を開始