“食の海外進出プラットフォーム”を展開するepoc(エポック)、タイのバンコク伊勢丹で『串間フェア』を開催

〜昨年の好評を受けて、串間市の特産品を活用したフードメニューなどを販売〜

食の海外進出プラットフォームを展開する株式会社epoc(本社:東京都港区、代表取締役 佐藤信之、以下 epoc)はタイ・バンコクでの『串間フェア』を、epocが運営するバンコク伊勢丹5階「88食堂NIPPON」(http://www.88shokudonippon.com/jp/)にて2019年1月18日(金)〜31日(木)まで開催しております。


epocは「食で世界をつなぐ」を使命と考え、食分野の海外進出プラットフォームの世界展開を目指しています。特に日本とタイにおいて、日本食材の調達から輸出入、現地での飲食店・小売・卸売販売までの一貫した流通網を自社グループ内で構築していること、現地での食材プロモーション等の実績が好評を博しております。
 

今回実施する串間フェアは、串間市との協業事業である「宮崎県串間市の海外戦略プロモーション事業」(※)の一環として、昨年度の好評を受け、開催することとなりました。

2回目となる今年は「旅と食」をテーマとして掲げ、食を通じた串間市の認知向上およびインバウンドの集客を目的としております。イベント会場では串間市の紹介ブースを設け、串間市の特産品を使ったフードメニューや特産物を販売。
さらに、開催初日には、現地バイヤーや旅行代理店、現地メディアへのプロモーションイベントおよび商談会を実施いたしました。今後も引き続き、海外販路開拓を目指して、串間の魅力を伝えてまいります。

(※)2017年8月に「宮崎県串間市の海外戦略プロモーション事業」に関して串間市と業務委託契約を締結。

◆『串間フェア』開催概要


<名称>  『串間フェア』

<会期>  2019年1月18日(金)〜2019年1月31日(木)

<会場>  バンコク伊勢丹5階 プレミアム・ジャパニーズ・フードホール『88 食堂 NIPPON』
     
<内容>  ・串間市の特産品を活用したフードメニューの販売
      ・メニューで活用した特産品を購入できる「特産品販売エリア」の設置
      ・観光プロモーションブースの設置(観光 PR 動画の放映等)
      ・現地メディア、旅行代理店、バイヤーをご招待したレセプションイベントの実施

<輸出商品>  さつまいも、鮮魚等の魚介類、調味料、加工食品 等



epocは今後も「食で世界をつなぐ」を基本方針に、日本の食を海外に展開するプラットフォームを拡充していく予定としております。


■株式会社epoc 代表取締役 佐藤信之プロフィール

外資系コンサルティング会社、外資系会計事務所等を経て、上場外食企業の副社長として株式上場を指揮。
その後、子会社代表等を歴任。
株式会社エー・ピーカンパニー 社外取締役
株式会社串カツ田中 社外監査役
株式会社ギフト 社外取締役
日本貿易振興機構(JETRO)新輸出大国コンソーシアムエキスパート(サービス産業)
※日本貿易振興機構(ジェトロ)からの委託業務

■株式会社epocについて

社名 : 株式会社epoc
本社所在地: 東京都港区赤坂8−5−40 ペガサス青山505
代表取締役: 佐藤 信之
事業内容 : マーケットプレイス事業、トレーディング事業、海外進出支援事業
会社URL : http://epoc-inc.jp/




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社epoc >
  3. “食の海外進出プラットフォーム”を展開するepoc(エポック)、タイのバンコク伊勢丹で『串間フェア』を開催