最先端技術を駆使した「ロボットアシストウォーカーRT.1」が出展

2020年に向けてロボット市場が過熱、国内のロボット技術が集結! 西日本最大級の介護・福祉・医療の展示会 「バリアフリー2015」 開催

RT.ワークス株式会社(本社:大阪府大阪市/ 代表取締役:河野 誠)は、2015年4月16日(木)〜18日(土)、インテックス大阪にて開催される「バリアフリー2015」に出展し、「ロボットアシストウォーカーRT.1」を展示いたします。
「ロボットアシストウォーカーRT.1」はスタイリッシュなデザイン性と安全性を兼ね備えた、操作も簡単なシニアフレンドリーな電動歩行アシストカートです。下り坂で傾斜を感知する自動ブレーキ機能を搭載するほか、
IoT(Internet of Things)技術を導入。スマートフォンやクラウドに接続が可能で、GPSなどの位置が確認できるネットワーク機能も兼ね備えています。

 
この度、「バリアフリー2015」では体験型の展示ブースを設けており、実際に坂道スロープで動作の体験もできます。また、展示会期間中、セミナーを各日30名様限定で開催いたします。「未来の歩き方 〜RTアシストウォーカー〜」をテーマに、RT.ワークス 代表取締役の河野 誠と、事業戦略本部 マーケティング営業部 部長 鹿山 裕介が、先進のロボットとネットワーク技術が生活に寄り添う今までとは違う、新しい歩行の形についてお話する予定です。


今年の1月、政府は「第6回 ロボット革命実現会議」を開催、「ロボット新戦略」について議論がされ、5年後の
2020年までにはロボット市場を現在の約4倍の2.4兆円に拡大させるとも言われています。また、少子高齢化の影響で、2025年までに約30万人の介護職員が不足すると予測されており、介護ロボットやパワーアシスト技術の開発に踏み出す企業もますます増えています。今回の「バリアフリー2015」では、「ロボットアシストウォーカー
RT.1」をはじめとする、最先端の介護ロボットが展示されています。

 

 

< 開催概要 >

■  展示日程    : 2015年4月16日(木)〜 2015年4月18日(土)

■  セミナー日程  : 第1回 2015年4月16日(木)11:00 〜 11:30
                           第2回 2015年4月17日(金)15:10 〜 15:40
                           第3回 2015年4月18日(土)13:30 〜 14:00

■  会場        : インテックス大阪 5号館 介護ロボットゾーン内
                          (住所:大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102)


<RT.ワークス株式会社について>

2014年6月2日に創業。高齢者の第二の人生をより豊かで充実したものにする「Encore Smart(アンコールスマート)」なライフスタイルの実現を目指しています。独自の最先端IT技術を駆使し、長寿先進国日本にふさわしい製品とサービスを提供しています。


<関連リンク>

RT.ワークス株式会社
http://www.rtworks.co.jp/

バリアフリー2015
http://barrierfree.jp/
  1. プレスリリース >
  2. RT.ワークス株式会社 >
  3. 最先端技術を駆使した「ロボットアシストウォーカーRT.1」が出展