東京アニメアワードフェスティバル2015「アニメ オブ ザ イヤー部門」グランプリ決定

 

 

 「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞式が3月22日(日)にTOHOシネマズ 日本橋にて行われ、TAAF2015「アニメ オブ ザ イヤー部門」のグランプリ作品、優秀作品が発表されましたのでご報告させて頂きます。


東京アニメアワードフェスティバル2015 アニメ オブ ザ イヤー
劇場映画部門 グランプリ  『アナと雪の女王』
       優秀賞    『STAND BY ME ドラえもん』
テレビ部門  グランプリ  『ピンポン THE ANIMATION』
       優秀賞    『妖怪ウォッチ』


 東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、TAAF2015は3月19日(木)~23日(月)にTOHOシネマズ 日本橋を中心に開催しております。
 TAAF2015の「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、この1年間(2013年11月1日~2014年10月31日)に、日本国内で上映・放送された全商業作品を対象に、日本動画協会会員社、そしてアニメに携わり第一線で活躍するアニメプロデューサー陣、総勢約100名の専門的な視点によって投票を行い、厳正に選考されたものです。
 なお、3月22日(日)にTOHOシネマズ 日本橋にて行われた授賞式時の、受賞作品代表者のコメントは以下の通りです。
 劇場映画部門グランプリ『アナと雪の女王』より、宣伝プロデューサー廣村様は「1年間に上映される、そうそうたる劇場アニメーションの中で選んでいただいたことに、スタッフを代表して御礼申し上げます。制作に6年、一人一人のスタッフの愛を隅々まで注ぎ込んできた作品が、多くの人に愛して頂いたこと、今でも愛していただいていることで、続編もつくることができたと感慨深い。」と話されました。
 テレビ部門グランプリ『ピンポンTHE ANIMATION』より、湯浅監督からは、「松本さんの素晴らしい原作があって、それだけではなくて、スタッフも凄く頑張っているのが見えていました。この賞を頂いたおかげで、また観てくれている人が増えたり、関わったスタッフの仕事が増えたりしたら有難いと思います、次回作にも期待してほしい」と、晴れ晴れとコメントされました。

アニメ オブ ザ イヤー部門
アニメファン賞は『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』

 また、同じく「アニメ オブ ザ イヤー部門」で、ファン投票により一般ユーザーより授賞作品が選ばれるアニメファン賞には『劇場版TIGER & BUNNY ‐The Rising-』が選ばれました。
 アニメファン賞はWEBサイトで投票が行われ、本年の総投票数は約56万票にもなりました。
 授賞式で、『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』 より株式会社サンライズ 取締役 尾崎様は「一般の方による投票での一等賞であるということが素直に嬉しい、愛にあふれたファンの方々に恵まれて幸せです、ファンの皆様と喜びをわかちあいたい」とコメントしました。

 なお、本映画祭の各種上映は「TOHOシネマズ 日本橋」にて3 月23 日まで行われ、舞台挨拶やトークセッション等のイベントが開催されます。最終日となる3月23日には、コンペティション部門のグランプリ作品の上映などもおこなわれます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京アニメアワードフェスティバル2015 PR事務局 >
  3. 東京アニメアワードフェスティバル2015「アニメ オブ ザ イヤー部門」グランプリ決定