WealthNavi、住信SBIネット銀行でも「クイック入金」を開始

メガバンク3行に加え、24時間365日無料で入金可能に

 最先端のテクノロジーにより全自動の世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:柴山 和久)は、住信SBIネット銀行から「WealthNavi」への「クイック入金サービス」を12月21日(水)から開始します。

 「クイック入金」とは、24時間365日、いつでも預金口座からWealthNavi(ウェルスナビ)の口座に、無料で入金できるサービスです。「WealthNavi」で利用可能なクイック入金サービスとしては三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行に続き4行目となります。

 住信SBIネット銀行は、口座数約269万口座、預金残高は約3兆6,248億円(2016年9月末時点)にのぼり、ネット専業銀行6行の中で最も預金残高が多い銀行といえ、今回のクイック入金サービスの追加により、お客様の利便性の向上に役立つと考えております。



■今後の展開
今回のクイック入金の提供開始は、SBIグループとの業務提携の取り組みの一環です。2017年初頭には、住信SBIネット銀行のお客様向けに「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」(仮称)の提供を開始します。これは住信SBIネット銀行のお客様向けにWealthNaviのサービスを提供し、お客様から頂戴する手数料を一定割合でシェアする仕組みとなっており、今後のロボアドバイザーによる資産形成サービスの提供により、「貯蓄から投資へ」を推進していきます。

会社概要 ウェルスナビ株式会社
会社名ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者代表取締役CEO 柴山和久
設立2015年 4月 28日
所在地東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル3F
資本金21億5,425万円(資本準備金を含む)
URL https://www.wealthnavi.com/
事業内容 第一種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業
関東財務局長(金商)第2884号

WealthNavi(ウェルスナビ)の概要
WealthNavi(ウェルスナビ)は、「働く世代に豊かさを」をミッションに、目標設定からポートフォリオの構築、さらには節税まで、資産運用の全プロセスを自動化 、一人ひとりに最適化した次世代の資産運用サービスです。
これまで機関投資家や富裕層しか利用できなかった、国際分散投資による世界標準の長期的で安定的な資産運用とリスク管理を、低コストですべての人に提供します。
昨今、マイナス金利の導入により、預金の延長線上としての資産運用に対するニーズが顕在化しており、また、年金不安や退職金の減少(厚労省調査では、毎年2.5%減少)により、資産運用に対するニーズが拡大してきています。こうした中、一人ひとりのリスク許容度を診断し、最適なポートフォリオを提案しています。シンプルなユーザー・インターフェースにより、金融リテラシーに関係なく、誰もが直感的に資産運用できる世界を目指します。ユーザーの9割以上を30-50代が占めており、働く世代を中心にご利用いただいています。
また、社員の過半数はエンジニアであり、日本で初めて証券取引システムをAWSクラウド上に自社開発(FISCガイドライン準拠)するなど、高い技術力を有しています。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウェルスナビ株式会社 >
  3. WealthNavi、住信SBIネット銀行でも「クイック入金」を開始