企業の働き方改革を支援するRPA研修プログラムを強化、Automation Anywhere社のトレーニングパートナープログラムに参画

キヤノンマーケティングジャパングループのエディフィストラーニング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮野佳郎、以下エディフィストラーニング)は、RPAソフトウェア企業のAutomation Anywhere, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ミヒール・シュクラ、以下Automation Anywhere社)のトレーニングパートナープログラムに参画しました。エディフィストラーニングでは、企業の働き方改革を支援する多彩な研修プログラムの一環としてRPA研修プログラムの充実と強化を図ることで、企業内における人的資源の生産性向上や業務効率化を支援します。
人手不足や働き方改革が社会問題化するなか、日本では労働生産性の低さが企業の課題のひとつとなっています。こうした環境の中、業務プロセスの変革を推進し、生産性を向上させるための施策のひとつとして RPA(Robotic Process Automation)ソフトウェア(※1)を導入する企業が増えています。日本国内でのRPAの市場規模は、2019年2月の株式会社矢野経済研究所の調べによると(※2)、2018年度の418億円から2022年度には約802億円に達すると予測されており、今後も企業内における課題解決のための需要の高さがうかがえます。
一方、導入した企業においては、業務フローに合わせたRPAソフトウェアの選択や手順を登録するプログラムの導入、また効率よく使うための社員教育などが急務となっています。

こうしたRPAソフトウェア導入企業における社内教育の必要性の高まりに応えるため、エディフィストラーニングでは、このたびAutomation Anywhere社の製品に関するトレーニングパートナーとして参画しました。Automation Anywhere社のRPA製品は、業務を自動化することのできるアプリケーションの幅が広いことや、また自動化するためのプログラムの導入が比較的容易であるといった特長があり、世界の企業で導入されています。
エディフィストラーニングのAutomation Anywhereトレーニングコースは2020年春に開講予定です。座学だけでなく豊富な演習の実施により、操作方法などを効率よく習得できる形で提供します。

エディフィストラーニングは1997年の会社設立以来、マイクロソフトやオラクル、またセールスフォースといった製品の認定トレーニングプログラムを展開してきました。RPA研修においてはUiPathやWinActorのトレーニングを実施しており、今後はAutomation Anywhereトレーニングも開講することで、RPA人材育成プログラムがさらに充実します。
エディフィストラーニングでは今後もRPAトレーニングの第一人者として、企業内でのRPAの安定運用と業務の効率化を担える人材の育成を行うトレーニングを継続的に提供していきます。エディフィストラーニングが提供しているRPAトレーニングについては、Webサイトでも案内しています。
https://www.edifist.co.jp/it/class/rpa/

※1 RPA(Robotic Process Automation):
データ収集や加工、登録・入力から出力業務などの単純作業を、業務フローに応じて正確かつ高速に繰り返し実行することができ、効率化や省力化に取り組む企業が注目するテクノロジーです。

※2 出典:株式会社矢野経済研究所プレスリリース
「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場に関する調査を実施(2018年)」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エディフィストラーニング株式会社 >
  3. 企業の働き方改革を支援するRPA研修プログラムを強化、Automation Anywhere社のトレーニングパートナープログラムに参画