世界のトップゴルファーがメルボルンに集結「ゴルフ・ワールドカップ2016」

2016年11月24日~27日にキングストンヒースGCで開催。観戦サポートプランの予約も受付中。

ゴルフ・ワールドカップは1953年から開催されている国別対抗の団体戦。世界24ヶ国が出場し、国を代表する2人の選手がチームを組む。メルボルンで11月24日に開幕する今大会では4日間を通じて、ダブルスによる団体戦を実施。初日と3日目はフォーサム(一つのボールを交互に打つ)、2日目と最終日はフォーボール(それぞれのボールをプレーし、ベストスコアを記録)形式が採用される。

出場選手の中で注目が集まるのは、前回2013年大会の覇者のオーストラリア代表、ジェイソン・デイ選手とアダム・スコット選手。特にデイ選手は前回のワールドカップ後、2015年の全米プロゴルフ選手権での初のメジャータイトルを含むPGAツアー9回の勝利により成長著しく、現在世界ランキング1位を保持している。
 

前回優勝チーム、豪代表ジェイソン・デイ(左)とアダム・スコット(©ゲッティイメージ)前回優勝チーム、豪代表ジェイソン・デイ(左)とアダム・スコット(©ゲッティイメージ)


そして日本から出場するのは世界ランク18位(9月13日現在)、日本のトッププレーヤー松山英樹選手だ。そして松山選手がパートナーとして指名したのは 8月に開催された 「RIZAP KBCオーガスタ」オープンで優勝を果たし、待望の「復活」が期待される石川遼選手。同世代で、ともに米ツアーを主戦場とする日本の若きエースには大きな注目が集まっている。過去日本チームは2度優勝しており(1957年と2002年)、今大会では3度目の優勝に期待がかかっている。


キングストンヒースGC(ゴルフ会場)
会場となるキングストンヒース・ゴルフクラブはメルボルンの郊外、車で約30分のところにあるオーストラリアの名門コース。ゴルフ誌によるランキングではオーストラリア内では2位、世界でも18位にランクインされている。
1925年に創設されたこのコースの設計はドン・ソーター氏。レイアウトはうねりが効いたフェアウェイと深いバンカーが特徴。全豪オープンゴルフも過去7度このコースで開催されている。

キングストンヒース・ゴルフクラブ(©キングストンヒースGC)キングストンヒース・ゴルフクラブ(©キングストンヒースGC)

 

キングストンヒース・ゴルフクラブの空撮(©キングストンヒースGC)キングストンヒース・ゴルフクラブの空撮(©キングストンヒースGC)


HISで観戦サポートプランの予約受付中
HISスポーツイベントセクションでは、現在「ゴルフ・ワールドカップ2016」観戦サポートプランの予約を受付中。日本からのフライトと宿泊がセットになり、お客様のご都合に合わせて希望日の観戦チケットの手配が可能。詳細はウェブサイトへ。
http://sports-his.com/golf/world_cup2016/


開催地は「世界で一番住みやすい都市」メルボルン
メルボルンはオーストラリア本土の南東に位置する、19世紀の面影を残した建造物と近代的な建造物が融合した街並みが魅力のオーストラリア第2の都市。別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、イギリスの英誌エコノミストの調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは2011年から2016年まで6年連続で1位に選ばれている。
食文化が発達し、モダン・オーストラリア料理をはじめとした多国籍文化が融合した独特で繊細な料理は、世界の美食家から高い評価を得ています。イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した街でもあり、通りの至る所にカフェが点在していることも特徴のひとつ。一方、郊外に出るとワインの産地ヤラバレーや、「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロード、そしてペンギンパレードで有名なフィリップ島など観光スポットが数多くある。

「世界で一番住みやすい都市」メルボルン「世界で一番住みやすい都市」メルボルン

オーストラリア・ビクトリア州政府観光局 日本語公式サイト: http://jp.visitmelbourne.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
オーストラリア・ビクトリア州政府観光局
電話:03-5218-2565 FAX:03-5218-2577
メール:tokyo.tourvic@visitvictoria.com.au
  1. プレスリリース >
  2. オーストラリア ビクトリア州政府観光局 >
  3. 世界のトップゴルファーがメルボルンに集結「ゴルフ・ワールドカップ2016」