チームの生産性を高めるタスク管理ツール「Bizer team」が工数管理機能を公開

〜業務ごとに稼働時間をかんたんに計測、業務改善効果が一目瞭然に!〜

Bizer株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 畠山 友一、以下、Bizer)は、チームの業務生産性を高めるタスク管理ツール「Bizer team」より、業務の作業単位に簡単に稼働時間を計測できる工数管理機能を公開したことをお知らせいたします。


■ 機能の概要と特徴

新しい工数管理機能では、Bizer teamで作成したタスクのチェックリストに「稼働見積もり時間」と「実稼働時間」を登録できるようになります。実稼働時間の登録は、Excelのように時間を入力するのではなく、かかった時間の分ボタンを押すだけで非常に簡単です。
これにより、業務ごと、さらに細かい作業単位で工数の集計ができ、さらにはそのデータをcsvでエクスポートして様々な角度から分析できるようになります。(※)
※エクスポート機能は12月下旬リリース予定

<工数管理機能の活用シーン>
  • どの業務にどのくらい時間がかかっているのかの現状分析
  • 業務改善(BPO/RPAなど)の効果測定



■ 開発の背景

業務の洗い出しや工数の計測は、本来、効率化や生産性向上のための現状分析であるはずです。それなのに、そのために業務が増えて生産性が悪化しているという状況が多くの組織で発生しています。
Bizer teamは、日常的にチームで使うことで業務を可視化することができます。可視化を起点として効率化、生産性向上がスタートします。
今回、時間という項目を追加することで、現状の工数計測ができ、さらに業務改善の効果、生産性の変化を客観的に表現することができるようになりました。

今後も、Bizer teamを通じてチームの仕事の進め方に変化をもたらし、生産性を高めるお手伝いをすることで、企業の成長や発展を支え、人と組織の働き方改革の支援を続けてまいります。

-Bizer株式会社について-
「『仕事』をわかりやすく。かんたんに。」
仕事とひとことで言っても多種多様です。種類もそうですが、かかる日数、関わる人数、予算などなど。
どれも大切なものだからこそ、わかりやすくかんたんであるべきではないでしょうか。
わかりやすく、かんたんであることで助け合いや自主性が生まれます。属人的な仕事が複数人の仕事として認識されチームが形成されます。課題を認識することでチームは成長していきます。成長し続けるチームは挑戦を恐れないはずです。
そうして、日本に新しい挑戦の形が増えてもっともっと面白くなっていく。
そんな未来を仕事の小さな変革を通じてBizerは実現します。

会社名:     Bizer株式会社   https://bizer.jp
所在地:     東京都千代田区九段南3-5-3 九段サウスビル5階
設立日:     2013年10月
代表者:     代表取締役 畠山 友一(はたけやま ゆういち)
事業内容:   ・ビジネス支援クラウドサービス「Bizer」「Bizer team」の開発・運営
・中小規模事業者、個人事業者向けコンサルティング業務

本プレスリリースURL: https://bizer.jp/archives/11395
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bizer株式会社 >
  3. チームの生産性を高めるタスク管理ツール「Bizer team」が工数管理機能を公開