カレンダーシェアアプリ「TimeTree」予定情報を活用した広告配信プラットフォームをベータ版にて提供開始

株式会社JUBILEE WORKS(本社:東京都新宿区、代表取締役:深川 泰斗、以下JUBILEE WORKS)は、スマートフォン向けカレンダーシェアアプリ「TimeTree(タイムツリー)」において2017年12月13日、ユーザーの予定情報を活用した広告配信プラットフォームをベータ版にて提供を開始いたしました。
■ 今回提供開始する広告事業について
TimeTreeは、2015年3月のリリースより共有に特化した「カレンダーシェアアプリ」として、より多くの方にご利用いただくべく無料でサービス提供してまいりました。
今回開始する広告事業は、広告もユーザーに提供すべき1つのコンテンツとして捉え、ユーザー・広告主ともに価値のあるマッチングプラットフォームとなるべく提供していきます。
ユーザーの予定情報から「いつ・誰と・どこに・何を」を把握し活用することで実際の行動情報にアプローチできるため、高いパフォーマンスが期待できる点を特徴としています。

■ 広告配信プラットフォーム「TimeTree Ads」について
「TimeTree Ads」は、TimeTreeユーザーの予定情報や登録情報が活用できる広告です。広告はTimeTreeのフィード画面に表示されます。
TimeTree上に登録された予定はユーザーの実際の行動が顕在化したものであると考えています。この予定情報をもとにターゲティングし、ユーザーの行動に対しアプローチします。(特許出願中)

 

● 予定情報を活用したターゲティングについて
ユーザーの予定情報をその内容により、育児関連予定・エンタメ関連予定・旅行関連予定・健康とヘルスケア関連予定に区分しターゲティングをおこないます。今後順次レジャー関連予定、教育関連予定、ショッピング関連予定、予定のない日など、さまざまなカテゴリーが追加されます。今回のベータ版は、このターゲティング効果の検証を目的としています。
<広告表示の例>
「家族」カレンダーの「運動会」の予定に対し、「お弁当のレシピ動画」や「カメラ」などの広告
「恋人」カレンダーの「旅行」の予定に対し、「旅行グッズ」や「旅行先のレストラン」などの広告

●「TimeTree Ads」に関する問い合わせ
ads-info@jubilee.works

■ カレンダーシェアアプリ「TimeTree」について
TimeTreeは2015年3月24日より提供している、iOS/Android、Web対応のカレンダーアプリです。利用ユーザーの多くはTimeTreeを家族・恋人・友人などのグループで共有し、日々のスケジュールを相談・計画する場として利用されています。登録ユーザー数は600万に上ります(2017年11月現在)。

TimeTreeは単なるひとつのカレンダーアプリではなく、予定を軸とし人と人、人と場所、人とコンテンツをつなげ、ユーザーの皆様がより豊かな時間を過ごすことのできるようなプラットフォームとなることを目指してまいります。

■ TimeTree詳細(一部抜粋)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TimeTree >
  3. カレンダーシェアアプリ「TimeTree」予定情報を活用した広告配信プラットフォームをベータ版にて提供開始