ウェアラブルIoTブランド「hamon(R)」のスポーツ向けウェアに特化したマーケティング会社が設立

このたび新たに設立された、ハモンスポーツマーケティング株式会社(本社:東京都中央区、代表 竹村 悟志、以下HSM)は、ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩、以下ミツフジ)と業務提携契約を行い、ミツフジが展開するウェアラブルIoTブランド「hamon®」のスポーツ向けに特化した製品企画、及び販売戦略を担うこととなりました。HSMは今後、様々な競技におけるトレーニングやコンディション管理に必要なデータ取得のためのスマートウェア拡販を行って参ります。

事業開始に先駆け、11月中旬より、慶應義塾大学ラグビー部での実証実験を開始しており、選手の位置情報やパフォーマンスの可視化、コンディション管理、スクラム分析などに利用される予定です。

今後もプロゴルファーやサッカー選手などにスマートウェアを提供する準備をすすめています。

両社は、2020年の東京オリンピック開催に向けたスポーツ振興に寄与すべく、アスリートがより高いパフォーマンスを発揮できるスマートウェアの開発と販売に尽力いたします。

               

ハモンスポーツマーケティング株式会社竹村社長(左)とミツフジ株式会社三寺社長(右)ハモンスポーツマーケティング株式会社竹村社長(左)とミツフジ株式会社三寺社長(右)

■新会社概要

商号:ハモンスポーツマーケティング株式会社(英語名:hamon sports marketing co.,ltd.)

代表者:竹村 悟志
設立:平成29年8月25日
資本金:10,000,000円
主な事業:ウェアラブルIoTブランド「hamon®」のスポーツ分野における製品企画、マーケティング企画の実施、製品販売。

 

■提携会社概要

商号:ミツフジ株式会社(MITSUFUJI Corp.)

代表者:代表取締役社長 三寺 歩
設立:昭和54年3月30日
資本金:344,500,044円
主な事業:ウェアラブルIoT製品向け導電性繊維「AGposs®」「AGfit™」、及びウェアラブルIoT製品「hamon®」の開発、製造、販売
沿革:昭和31年 三寺冨士二が西陣帯工場として創業
昭和55年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売
平成14年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs®"を立ち上げ、商標登録。
平成20年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材にAGposs®が採用。
平成27年 第1回ウェアラブルEXPOに出展。
平成28年 着衣型センサーを使ったIoTウェアラブルデバイスの自社ブランド「hamon@」を発表
平成29年 世界最大の家電見本市「CES2017」にhamon®を出展

 

【コーポレートサイト】:http://www.mitsufuji.co.jp

【hamon®公式サイト】 http://www.hamon.tech

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミツフジ株式会社 >
  3. ウェアラブルIoTブランド「hamon(R)」のスポーツ向けウェアに特化したマーケティング会社が設立