【Press Release】BFTの現役エンジニアが1日限定で小学生向け講座を実施 8月6日(日)「イマロジキッズ ワークショップ」開講

自分だけのオリジナルゲームを作り!親子で遊びながらプログラミングを学べる

 株式会社BFT(東京都千代田区:代表取締役社長 小林 道寛、以下BFT)は、8月6日(日)に小学生向けのプログラミング一日体験教室「イマロジキッズ ワークショップ」を開催いたします。
 BFTでは累計100名以上のIT未経験者をインフラエンジニアとして育成した実績を基に、インフラエンジニア育成研修プログラム「BFT道場」を提供開始、そして6月には学生向け講義「BFT道場 CollegeStyle」 の第一回目を京都学園大学で実施しました。 そしてこの度、2020年度の小学校におけるプログラミング教育の必修化を受け、小学生にもITに関心を持ってもらうことを目的としたワークショップを実施いたします。

 参加者はBFTの現役エンジニアの指導を受けながら、子供向けプログラミングソフト「Scratch」を使ってシューティングゲームのプログラミングに挑戦していただきます。初心者にもやさしい内容のため、親子で一緒に遊びながらプログラミングを学ぶことが出来ます。また、作成したゲームは持ち帰ってからも遊ぶことができ、夏休みの自由研究にも活用いただけます。この機会に是非奮ってご参加下さい。

 BFTでは、これからも様々な年代の方々にIT業界に興味、関心を持っていただけるような講座を企画してまいります。

【講座概要】

■日時:2017年8月6日(日)13:00~14:30
   (受付開始:12:30~)
■場所:HRインスティテュート ビジョンハウス
(東京都渋谷区 神宮前1-13-23)
■アクセス:JR原宿/地下鉄明治神宮前駅から徒歩3分
■参加費:お子様1人につき2,000円(保護者無料)
■持ち物:不要
■申込み方法:下記URLまたはGRコードよりお申込みください。
http://www.kokuchpro.com/event/imalogi0806/

※「Scratch」とは…プログラミング言語とオンラインのコミュニティ。インタラクティブなストーリー、ゲームやアニメを作成でき、世界中の人と作品を共有することが出来ます。子供たちは、Scratchプロジェクトをデザインし、プログラミングする過程で、クリエイティブに考え、体系的に論じ、協力して働くことを学びます。 特に8~16歳の子供向けに開発されたもので、ライセンス不要、しかも無料で利用できることから、教育現場中心に150カ国以上の国で使用されています。

【会社概要】
社名 株式会社BFT
設立年月日 1994年2月1日
資本金 9,990万円
代表取締役 小林 道寛(Kobayashi Michihiro)
従業員数 287名(2017年4月時点)
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング22階
公式HP http://www.bfts.co.jp/

株式会社BFTは情報システムを構築する会社です。
「より付加価値の高い情報システムを提供しつづけること」を大切に3つの事業を行っております。
(1) インフラ基盤構築 サーバ環境構築・ネットワーク環境構築 ・クラウド環境構築
(2) システム開発 オープン系システム開発
(3) 教育サービス オンサイトトレーニング「BFT道場」
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BFT >
  3. 【Press Release】BFTの現役エンジニアが1日限定で小学生向け講座を実施 8月6日(日)「イマロジキッズ ワークショップ」開講