CuboRex、海岸の軽石除去活動に一輪車電動化キットを無償貸与

〜軽石が漂着する砂浜、海岸部での運搬の労力を電動化で支援〜

株式会社CuboRex(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:寺嶋 瑞仁)は、軽石の漂着問題で除去活動に従事される自治体や団体、企業の方々を対象に、一輪車(ねこ車)を電動化するキット「E-Cat Kit」を無償で貸与するプロジェクト「ロボネコ軽石除去プロジェクト」を2021年11月25日(木)より、開始いたします。砂浜や沿岸部の一輪車での運搬が困難な場所での活動を電動化により支援いたします。
 


■「ロボネコ軽石除去プロジェクト」開始の背景
 農地や建築現場等の凸凹な「不整地」と呼ばれる場所での作業負担軽減や効率化に取り組むため、運搬作業で活用されている一輪車のタイヤを交換するだけで電動化を行う、一輪車電動化キット「E-Cat Kit」を2020年10月から提供しております。
 これまで、「E-Cat kit」の強みである不整地(整備のされていない道)での活用を模索し、2021年6月13日に開催された山形県唯一の離島・飛島の海岸のごみ回収「飛島クリーンアップ作戦」や8月9日から13日まで愛知県で実施された「表浜BLUE WALK」において、実証実験を行いました。「E-Cat kit」を導入したところ、砂地での一輪車による運び出しが可能となり、運搬労力の削減と省力化に貢献することが実証されました。
 このたびの軽石の漂着により、漁業関係者の方々に多くの被害が出るというニュースを拝見し、これまでの実証実験の実績から、電動化による海岸清掃の成果を出すための支援ができないかと考え、当プロジェクトを急遽考案いたしました。

■お申し込み方法
 軽石の漂着問題で除去活動に従事される自治体や団体、企業の方々を対象に、一輪車電動化キット「E-Cat Kit」を無償で貸与いたします。ご希望の方は、下記の連絡先まで、ご連絡ください。

件名:ロボネコ軽石除去プロジェクト
担当:樋脇
連絡先: hiwaki@cuborex.com

【参考:過去の実証実験概要】
山形県 唯一の離島・飛島のゴミ回収にロボネコ参入の実証実験
凸凹した傾斜地でも重い荷物を運べる事から導入実験。
飛島では海岸のゴミを標高差50mほどの道路まで運ぶことの苦労があり、E-Cat Kit導入で軽減化に投入致しました。

愛知県の大学生が中心となった海岸清掃プロジェクト「BLUE WALK2021」
コロナ禍で大人数が集まれない海岸清掃を弊社が提供する「E-Cat Kit」の電動化する技術力によって効率化できないか?という両者の想いが一致して共同で実証実験を行いました。
5日間(雨天で3日間)実施し234kgのゴミを回収いたしました。

【会社概要】
農地や建築現場等の凸凹な「不整地」と呼ばれる場所での作業負担軽減や効率化に取り組むため、不整地産業において「欲しい者が欲しい物を生み出せる社会」の実現を目指し、動力内蔵型タイヤやクローラの開発・パーツ化・キット販売をするハードウェアスタートアップです。
社名:株式会社CuboRex
事業内容:不整地産業向けハードウェア研究開発・販売
設立年月日:2016年3月31日
代表取締役:寺嶋瑞仁
WEBサイト:https://cuborex.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CuboRex >
  3. CuboRex、海岸の軽石除去活動に一輪車電動化キットを無償貸与