京都大学との共同研究論文が科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載

 国立学校法人京都大学(京都市左京区、総長:山極壽一)物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)の陳勇(チェン・ヨン)特定拠点教授、亀井謙一郎(かめい・けんいちろう)iCeMS特定准教授、劉莉(リュウ・リ)特定拠点助教らの研究グループとグンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:児玉 和)は共同で、ヒトES/iPS細胞の大量培養を可能にする、「布」を足場とした細胞培養基材の開発に、世界で初めて成功しました。これは、従来とは全く異なる培養方法で、今後、再生医療などにおいてヒトES/iPS細胞が実用化される際に、十分な細胞数を獲得するための重要な技術となることが期待されます。

(今回開発された新基材で増殖したヒトES細胞)(今回開発された新基材で増殖したヒトES細胞)


 本研究成果は、2017年2月8日にオランダの科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載されました。  
 

詳しい研究内容につきましては以下をご参照ください。

<京都大学ホームページ>
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170208_3.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グンゼ株式会社 >
  3. 京都大学との共同研究論文が科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載