毎年恒例人気犬種ランキング2019発表!

トイ・プードルが10連覇! 病気になりにくい「MIX犬」も安定的に人気

ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社(代表取締役 野田 真吾、以下 アニコム)が、最新の「人気犬種ランキング」を発表いたします。
(※)シェアは、各社の2017年の契約件数から算出。(株)富士経済発行「2018年ペット関連市場マーケティング総覧」調査
(※)集計対象:アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」に加入した0歳の犬 集計期間:2018年1月1日~12月31日

■1位は、不動の10連覇「トイ・プードル」!

 

ランキングトップは「トイ・プードル」。2010年から続く堂々の10連覇を達成しました! トイ・プードルは、そのぬいぐるみのような愛らしい容姿だけでなく、「物覚えがよく賢い」、「被毛が抜けにくい」、「体臭が少ない」などからも、一緒に生活しやすい犬種として、多くの方に愛され続けています。

※トイ・プードルの魅力はこちらから 
https://mag.anicom-sompo.co.jp/3177


■トップ10のトレンドは、昨年から変わらず。小型犬が圧倒的人気
全体の傾向は、昨年から引き続き「小型犬」が強く、日本の住環境でも飼育しやすい犬種がランクインしています。特に、トップ3犬種(トイ・プードル、チワワ、小型MIX犬)だけで、全体の半数を占めるなど、人気の強さがうかがえます。以前から根強い人気の柴犬も、昨年同様4位にランクイン。一方、一時は不動の人気犬種だったミニチュア・ダックスフンドは、近年やや後退気味の傾向です。

■MIX犬が3位。人気のワケは「個性的な可愛さ」と「病気のなりにくさ」?

マルチーズ×チワワのMIXマルチーズ×チワワのMIX

 小型のMIX犬が、昨年と同様3位にランクイン。いわゆる雑種ではなく、人気犬種同士のハーフとして、「チワプー(チワワ×トイ・プードル)」や「マルチー(マルチーズ×チワワ)」などといった愛称で親しまれています。
人気の秘密は、なんといっても可愛らしさ。両親の可愛さの特徴を受け継ぎつつ、ほかの誰とも違う個性的な外見が人気です。


MIX犬のもう一つの特徴は「病気になりにくいこと」です。「アニコム家庭どうぶつ白書」では、全犬種のうち、年間にかける診療費が最も少ない犬種が「MIX犬(10kg未満)」でした。純血種では、特有のかかりやすい病気や遺伝子疾患等のリスクがある一方、混血であるMIX犬ではそうしたリスクが低減されるので、病気になりにくいことが考えられます。

■鼻ペチャ犬(短頭種)が、人気上昇中
「フレンチ・ブルドッグ」、「パグ」、「ペキニーズ」といった鼻ペチャの犬種(短頭種)の人気が上昇しています。とりわけ、13位にランクインした「パグ」は、前々年から19位⇒16位⇒13位と、着実に上昇していることがわかります。特徴的な顔立ちに豊かな表情、どことなくユーモラスな動きがSNSでも人気を博しています。

■11~30位までのランキング

犬種には、それぞれの特性があります。ライフスタイルに合った犬種を迎えて、犬との暮らしを楽しんでみませんか。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アニコム損害保険株式会社 >
  3. 毎年恒例人気犬種ランキング2019発表!