「足」について専門家の裏話が聞けるYoutubeチャンネル“あしばなー医師と理学療法士の足話ー”配信開始!

足病医学に基づき、足トラブルを解決!足のことが正しく楽しく身につくyoutubeメディアが公開。

株式会社ジャパンヘルスケア(東京都渋谷区)代表で足の専門医(足病医)である岡部大地が2019年より新たなプロジェクトとして足病医学を分かりやすく伝える本格的な医療情報メディアを公開しました。
■動画メディア「あしばなー医師と理学療法士の足話ー」とは
 


2019年1月、ジャパンヘルスケア代表で足病医の岡部大地と足のお悩み相談を実施している理学療法士の根津憲継が“足について楽しく・正しく解説する”をコンセプトとしたYouTube上で運営する動画メディア「あしばなー医師と理学療法士の足話ー」を開設致しました。

足についての専門家である二人がタッグを組み、足病医学に基づいた足に関する正しい知識を配信していきます。医療従事者と一般人との情報格差を埋め、足のトラブル解決につなげます。
 

■足病医学とは
足病医学(ポダイアトリー)とは、外反母趾や巻き爪、かかとの痛みなど「足」に関するトラブル全般を専門とする学問です。靴文化の歴史が長い欧米諸国で発展してきました。例えば、アメリカでは足病医(ポダイアトリスト)が15000人程度おり、目が悪い時には眼科、歯が痛い時には歯科にいくように、足のトラブルに対しては“足科”を受診します。

しかし日本ではまだ足病医学が普及しておらず、医療従事者ですら知られていない情報も多く存在します。そのため代表岡部が勤務するアジア初の足専門病院「下北沢病院」には、全国各地から患者さんが来院します。遠方のため受診できない人も多く存在します。そこで全国どこにいても正しい情報が手に入り、適切に対応されるようにしたいという思いから配信を開始しました。

■足トラブルの解決は健康寿命を延伸する
健康寿命は、「日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと」と定義されます。健康寿命を延ばすためには、要介護状態にならないことが重要です。要介護の原因の1/4を占めるのが筋骨格系疾患であり、足トラブルもその一つです。足トラブルがあると歩く機能が低下するだけでなく、ひざや腰の痛みとも関連します。そのため足トラブルを解決することは、健康寿命の延伸に寄与します。

■配信は毎週水曜、16時より
正しく、楽しく足に関する情報を発信する「あしばな」は、毎週水曜16時に配信されます。どうぞお楽しみください。
URL:https://www.youtube.com/channel/UCYervz-2iBMcdjlcEtcLXtg

■参考
【株式会社ジャパンヘルスケア】
環境改善型予防医学で、筋骨格系疾患の予防に取り組むヘルスケア・スタートアップ。歩き方を可視化・指導するプロダクトやアプリを開発提供中であり、同時に美脚になれるWEBサイトの運営や、ウォーキングレッスンなども実施している。
参照URL:https://jp-hc.com/
Mikara美脚URL:https://bikyaku.mikara.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンヘルスケア >
  3. 「足」について専門家の裏話が聞けるYoutubeチャンネル“あしばなー医師と理学療法士の足話ー”配信開始!