【新発売 BigTUNA(ビックツナ)】全自動タンパク質バッファー交換&濃縮システム

面倒で時間がかかるだけのバッファー交換、濃縮作業はオートメーションにまかせよう!

1-96 種類の異なるバッファーとタンパク質の組み合わせが可能
0.1 – 192 mLまで幅広い容量に対応
最大200 mg/mL(igG)まで濃縮可能
バイオ医薬品研究における課題解決に取り組むライフサイエンス企業、Unchained Labs株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-9-2 取締役社長:佐々木栄和)は、全自動タンパク質バッファー交換&濃縮システム【BigTUNA(ビックツナ )】を新発売いたしました。

・研究者が費やす時間を圧倒的に短縮
・最終液量と濃度を自由に調整(タンパク質濃度 200 mg/mL まで)
・圧倒的な回収効率(90%以上)

バイオ医薬品の製剤処方条件検討のためのバッファー交換、およびサンプル濃縮の作業は研究者にとって2−4日を要する大変な作業です。多くの研究室では製剤開発の合理化のための戦略を策定していますが、依然としてマニュアル 作業であり、評価が必要な製剤の組み合わせの数だけ、その時間と人的リソースが必要となっております。

Unchained Labs は、バッファー交換、およびサンプル濃縮を自動化するソリューションを開発し、この課題を解消しました。
 


N2によるプレッシャーフィルトレーション、軌道式攪拌制御、Ultrasonic volume check(非接触)により、タンパク質に安全かつ優しい設計となっております
 

2種類のプレートが使用可能。一度のランで最大192mlまでバッファー交換、濃縮が可能。

 

組み合わせは自由自在。専用ソフトウェアでサンプルの管理も容易に行えます。
最大96サンプルまで対応するUnifilterを使用して、お客様のサンプル数、製剤処方数に合わせて、1〜96種類の条件検討を個別に管理可能です

 

 

専用ソフトウェアがバッファー交換、濃縮の完了目安時間をお知らせします。
 

 
▽Unchained Labs について
UNchained Labsは次世代、かつクールなライフサイエンスツールを提供するカリフォルニア シリコンバレーに本社を置くライフサイエンス企業です。私たちはバイオ医薬品の研究者が大きな発展をもたらすために日々直面する複雑な問題 から解き放つために全力を注いでいます 。現在までに累計330台以上販売し、主要なバイオ医薬品企業には、少なくとも1台以上、我々のシステムがインストールされております。

Unchained Labs 株式会社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目9−2
PMO神田岩本町 3階
Tel: 03-3526-2811
Fax: 03-3526-2813
Website: https://www.unchainedlabsjp.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Unchained labs 株式会社 >
  3. 【新発売 BigTUNA(ビックツナ)】全自動タンパク質バッファー交換&濃縮システム