「テレワーク中のストレスマネジメント」をテーマに、Geppo(ゲッポウ)と大学発ヘルステック系スタートアップ・テックドクター社が共同実証実験を開始。

急速に拡大・浸透するリモートワークにおける従業員のストレスに着目し、その解決に取り組みます。

個と組織のコンディションを見える化する「Geppo(ゲッポウ)」を開発・運営する株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:満田修治)は、ヘルスケアデータカンパニーである株式会社テックドクター(本社:東京都港区、代表取締役:湊 和修)と共同で、「テレワークにおける従業員のストレスマネジメント」について実証実験をスタートします。

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的感染拡大に伴い、日本でもテレワーク、在宅勤務が急速に浸透してきています。それに伴い、リモートワークを促進するツールの普及、関連する人事制度が急速に立てつけられておりますが、一方で問題になるのは急速に変化する環境下の「従業員の精神状態」です。
 

リモートワーク中のストレスマネジメントリモートワーク中のストレスマネジメント


テレワークが長期化すると、上記のように多くの精神課題が表出することが想定されます。しかしながら「オフィス」の概念がなくなり、顔色や雰囲気で察知することも叶わないリモートワーク環境下で、その課題を把握し、解決することは非常に困難であると言えます。
 

実証実験概念図実証実験概念図


そこで、従業員のコンディション変化をトラッキングする「Geppo」と、fitbitをベースに個々人のストレスレベル状況(推測値)を可視化することができる「SelfDoc.」双方の取得データを解析し、リモートワーク中のストレスレベルのリアルタイム診断、効果的な対応策について実証実験を開始します。

その第一弾として、6月から「Geppo」を運営する弊社(ヒューマンキャピタルテクノロジー)から実証実験をスタートします。以降は参画企業を募集してその精度を高めていく予定ですので、ご興味をお持ち頂ける企業様は以下フォームよりお問い合わせください。
※弊社のキャパシティやリソースにより、ご期待に添えない場合がございますことをご了承ください。

実証実験参画問い合わせ先:https://bit.ly/2WYOZDX

また今回のリリースに合わせて、「大学発・最先端医療系ベンチャーに聞く、テレワーク時代の最新メンタルストレスソリューションとは?」と題したウェビナーを6月19日(金)に開催致します。最新テクノロジーによるメンタルソリューションについて学べる貴重な機会となりますので、ぜひご応募ください。

イベント申し込み先:https://bit.ly/3enzLho


■株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジーについて
2016年1月から開始したリクルートとサイバーエージェントの新規事業創出のための共同プロジェクト「FUSION」によって生み出されたジョイント・ベンチャーです。
毎月3問の設問で従業員のコンディション変化を把握するHRテクノロジー「Geppo(ゲッポウ)」を提供しており、多くの企業に導入され、継続率97%以上の満足度を獲得しております。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー >
  3. 「テレワーク中のストレスマネジメント」をテーマに、Geppo(ゲッポウ)と大学発ヘルステック系スタートアップ・テックドクター社が共同実証実験を開始。