DataRobotとオートメーション・エニウェア、デジタルトランスフォーメーション実現に向けたパートナーシップを締結

DataRobot, Inc.
オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
本ニュースリリースはDataRobot, Inc.とオートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社が共同で配信しています。重複して配信されることがありますが、ご了承願います。

機械学習の自動化というカテゴリをリードするDataRobot, Inc. (本社:マサチューセッツ州ボストン、CEO:Jeremy Achin、以下DataRobot)とRPAプロバイダーのオートメーション・エニウェア(本社:カリフォルニア州 サンノゼ、CEO兼 共同創業者:ミヒール・シュクラ)は、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けたパートナーシップの締結を発表しました。DataRobotのプラットフォームとオートメーション・エニウェアのソリューションを統合することで、自動化された機械学習とAIを活用しコグニティブオートメーション機能を拡張します。

ビジネスユーザーは、オートメーション・エニウェアのデジタルワークフォースプラットフォームでロボットを構築することにより、業界に関わらず反復作業を自動化できるようになります。RPA、コグニティブ、アナリティクス技術を組み合わせているので、文書やメールに埋め込まれた非構造化データなど、複雑なビジネスプロセスの自動化が可能となります。機械学習モデルは、このデータを使用して学習し、実際のビジネス課題に適用することで、自動的に意思決定や、実行可能な選択肢をユーザーに推奨します。

例として、保険業界においては、オートメーション・エニウェアのBot Storeからダウンロードできる事前学習済みの保険請求処理ボットが、保険請求の申請をシームレスに収集し、コンピュータービジョンを使用して文書から意志決定に必要なデータを抽出します。さらに、「DataRobot」で作成した事前学習済みの不正検出モデルが、請求の承認や潜在的な詐欺的請求について通知します。

現在、企業は、ローン申請、保険金請求、医療記録などの業務プロセスを通して膨大なデータを収集しています。オートメーション・エニウェアと「DataRobot」の技術を組み合わせることにより、企業はデジタルトランスフォーメーションのさらなる加速化、民主化を実現することができます。

DataRobotの事業開発担当シニア・バイスプレジデント、ショーン・ガーディナー(Seann Gardiner)は次のように述べています。
「DataRobotは、世界有数のデータ・サイエンティストの知識、経験、ベストプラクティスを組み込み、優れた自動化、精度、透明性、そして高度な機械学習モデルとのコラボレーションを提供します。DataRobotとオートメーション・エニウェアのパートナーシップは、AIをビジネスプロセスの自動化と組み合わせて、完全に民主化されたツールを提供するという共通の目的のもと実現しました。さらに、我々は、RPA開発者が『DataRobot』を活用するスキルを備えており、AI開発における早期の、かつ最大人口の一部になるであろうと考えています。」

オートメーション・エニウェアの最高経営企画責任者、ピーター・ミーチャン(Peter Meechan)は次のように述べています。
「オートメーション・エニウェアは、コグニティブオートメーションソリューションの分野を牽引してきました。当社のソリューションと『DataRobot』を組み合わせることで、業界で最も広く採用されているデジタルワークフォースプラットフォームを使用した自動化のユースケースを、様々な業界に拡大していきます。」

オートメーション・エニウェアの製品担当シニア・バイスプレジデント、アビジット・カカンディキ(Abhijit Kakhandiki)は次のように述べています。
「当社は現在、AIモデルの作成から、モデル選択、生産を含むライフサイクル管理を提供しており、データ・サイエンティストとビジネスユーザーの両方にソリューションを供給しています。AutoMLの利便性により、あらゆる技術レベルのユーザーが、RPAと連携してAIを導入・展開することが可能になり、迅速なROIを実現できるようになります。」

<DataRobot, Inc.について>
(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobotはあらゆるレベルのユーザーが機械学習・AIを迅速に活用、ビジネスへ展開するためのエンタープライズ向け機械学習自動化プラットフォームを提供しています。数百種類におよぶパワフルなオープンソースの機械学習アルゴリズムから成るライブラリを組み込んだDataRobotのプラットフォームは、予測モデルのトレーニングと評価のプロセスを自動化し、またそれらを同時並行に行うことで、大規模なAI処理を可能にします。DataRobotはあらゆる規模の組織や企業が、最速でAIの導入と活用を成功できるようにサポートいたします。
日本では、すでに大阪ガス株式会社、トランスコスモス株式会社、パナソニック株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社リクルートホールディングスなどを含む幅広い企業で導入され、成果をあげています。

<オートメーション・エニウェアについて>
オートメーション・エニウェアは、ロボットによるプロセス自動化(RPA)分野におけるソフトウェアプロバイダーです。オートメーション・エニウェアの提供するプラットフォームを通じて、多くの企業が世界規模のインテリジェント デジタルワークフォースを構築しています。そのエンタープライズに対応したプラットフォームは、幅広い業界で反復的業務に携わる人々を支援するソフトウェアボットを活用しています。これは、先進的なRPAと、コグニティブおよび組み込み型分析機能を組み合わせた唯一かつ真のインテリジェント デジタルワークフォース プラットフォームです。世界中の1,000社を超える大企業がAIに対応した当ソリューションを利用して、ビジネスプロセスの管理と拡張を高速化し、エラー率をほぼゼロに抑えながら、運用コストを大幅に削減しています。オートメーション・エニウェアは、創造し、考え、発見するために時間を費やせる人材こそ優れた企業を作り上げるという信念のもと、14年間にわたって90カ国以上の金融サービス、保険、医療、テクノロジー、製造、通信、物流業界の主要企業に自動化技術を提供してきました。詳細については、www.automationanywhere.co.jp をご覧ください。

 
商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DataRobot, Inc. >
  3. DataRobotとオートメーション・エニウェア、デジタルトランスフォーメーション実現に向けたパートナーシップを締結