英語教育開発センター主催「ポーランド・デー」開催

2018年6月14日(木)12:15~12:50/東洋学園大学1号館1階エントランス

2018年6月14日(木)、東洋学園大学で「ポーランド・デー」を開催します。本イベントは、本学英語教育開発センターが主催するラウンジイベントの一環で、一昨年の「アフガン・デー」、昨年の「スリランカ・デー」に続き3回目の実施となります。毎年多くの学生が参加する大人気のイベントとなっており、今年は近隣住民の方にもご参加いただけるよう、公開することとなりました。
このイベントを主催する英語教育開発センターでは、毎年外国人インターンを受け入れており、国際交流に力を入れています。また、英語だけの交流スペース「イングリッシュ・ラウンジ」では様々なラウンジイベントを開催し、インターンや外国人教員と学生との交流が盛んに行われています。
 2016年に開催した「アフガン・デー」は、元・アフガニスタン大使館広報官を経て本学教員となったジェイソン・プラット(Jason Pratt)講師による発案で実施。アフガン音楽ユニットによる演奏や伝統料理の試食、伝統衣装の試着などを行いました。

2016年「アフガン・デー」伝統料理試食2016年「アフガン・デー」伝統料理試食

2016年「アフガン・デー」の様子2016年「アフガン・デー」の様子

 2回目となる2017年「スリランカ・デー」は、インターンの出身国であるスリランカをテーマに開催。スリランカ出身のゲストを迎え、伝統舞踊やスリランカ料理の試食、シンハラ文字で名前を書いてもらうコーナーなどで、多くの学生が異文化を体験しました。

2017年「スリランカ・デー」伝統舞踊2017年「スリランカ・デー」伝統舞踊

 

 

「スリランカ・デー」シンハラ文字で名前を書いてもらうコーナー「スリランカ・デー」シンハラ文字で名前を書いてもらうコーナー

 3回目となる2018年は、現在のインターンの出身国「ポーランド」に決定。ポーランドは、今月開催されるサッカーワールドカップロシア大会1次リーグの日本の対戦国でもあります。イベントの企画を担当したインターンは、「ポーランドについて、多くの人に知ってもらえる機会になればうれしい」とコメントしています。

■「ポーランド・デー」 開催概要​
【日時】 2018年6月14日(木) 12:15~12:50
【場所】 東洋学園大学 1号館1階エントランスホール (東京都文京区本郷1-26-3)
【内容】 
日本人ダンスグループによるポーランド伝統舞踊
民族衣装試着体験
ペーパークラフト(切り絵)
ポーランド菓子試食
学生によるポーランドについてのポスタープレゼン


■アクセス
東京メトロ「本郷三丁目」駅 徒歩4分
JR「水道橋」駅(東口)徒歩7分
都営三田線「水道橋」駅(A6出口)徒歩3分











  



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東洋学園大学 >
  3. 英語教育開発センター主催「ポーランド・デー」開催