プロスケートボーダー達による東日本大震災チャリティーイベント「Don’t Forget Party 2019」が、宮城県川崎町の旧川内小学校体育館にて開催!

Don’t Forget Partyは、仙台出身のプロスケートボーダー阿部直央が主催し、今年で8年目を迎える東日本大震災チャリティー・スケートボードイベントです。

 仙台出身のプロスケートボーダー 阿部直央(あべ・なおひろ)が、地元東北の復興支援のために主宰するスケートボードイベント「Don’t Forget Party」が、宮城県川崎町にあるスケートボードパーク「KSP(川崎スポーツパーク)」で開催。あの3月11日を忘れないように、みんなでスケートボードを通じて楽しもうというイベントで、さらにイベントの模様を映像に残すことで、スケートボードを通じて東北の人達にエールを送りたいという思いから2012年にスタートし、今年で8年目を迎えます。

 

 

 2019年の会場であるKSP(川崎スポーツパーク)は、川崎町の許可を経て廃校再生事業の一貫として、プロスキーヤーで元モーグル日本代表の遠藤尚(えんどう・しょう)が発起人となり2017年に完成。地元の子供達を中心にスポーツを楽しんでもらおうと、スケートボードを始め、ボルダリング、トランポリン、スラックラインなどが揃っているスポーツ施設です。
 

 2019年の開催内容は、誰でも気軽に参加できる無料のスケートボードスクールを始め、全国から集結するトッププロライダー達と一緒に滑ることのできるフリーセッション、そして、初心者から上級者まで上手い下手関わらず、良い技を決めたスケーターにその場で豪華アイテムを渡すといった、パーティースタイルのミニコンテストを開催。当日の入場は誰でも無料。チャリティー募金も行われるので、是非会場へ足を運んでみてはいかがだろうか。
 今回の活動で集まった各スポンサーからの協賛金や会場での募金は、必要経費を除いた全てを会場であるKSP(川崎スポーツパーク)へ全額が寄付される。


DON'T FORGET PARTY 2019 開催概要

■日時: 3月10日(日)
11:00〜  オープン&受付
11:30〜  スケートボードスクール開始
12:30〜  ミニコンテスト開始
13:00〜  フリーセッション with プロライダー
13:30〜  ミニコンテスト開始
14:00〜  フリーセッション with プロライダー
14:30〜  ミニコンテスト開始
15:00〜  表彰式
16:00〜  イベント終了 & パーク無料開放
※室内施設のため雨天時でも開催予定


■参加費:スクール/無料、ミニコンテスト/無料、入場/無料

■場所: KSP(川崎スポーツパーク)
(宮城県川崎町川内天神原山24 旧川内小学校体育館)

■参加プロスケーター(予定):
阿部直央、丸山晋太郎、立本和樹、瀬尻稜、荻堂盛貴、日野誠、増田竜万、
小島優斗、村井海斗、松木愛瑠、星野玄翔、佐野楽人、村田鉄生、and more!!


KSP(Kawasaki Sports Park)Instagram:
https://www.instagram.com/kawasakisportspark/

KSP(Kawasaki Sports Park)TEL:
0224-87-8727


【過去の開催写真】

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジーエスエムジャパン株式会社 >
  3. プロスケートボーダー達による東日本大震災チャリティーイベント「Don’t Forget Party 2019」が、宮城県川崎町の旧川内小学校体育館にて開催!