“地域活性化”を目的にしたクリエイター主体の制作大会を宮古島観光協会の全面協力のもと共同開催

〜島の魅力が最大限に感じられる作品作りとSNS発信、現地の子ども向けワークショップを実施〜

カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass(グーパス)」を展開するカメラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高坂勲、以下:カメラブ)は、沖縄県・宮古島の地方活性化を目的にしたクリエイター主体の制作大会「FAVOR」を宮古島観光協会全面協力のもと開催しました。本大会は映像クリエイター SHOGO氏との共同開催で、カメラブは「GooPass」で展開するカメラ機材の提供をはじめ、観光協会との連携等を担当いたしました。


◆開催背景◆
カメラブは「”好き”に夢中になれる機会を支え、誰かの喜びと生きがいをつくる」ことをミッションに、カメラ機材レンタルのサブスクリプションサービス「GooPass」や、ドローン空撮・映像制作などのサービスを展開しています。

「GooPass」は、一眼レフカメラや、ミラーレスカメラ、交換レンズ、アクションカメラやドローンなどの撮影機材を月額定額でレンタルし放題となる、撮影機材特化型のレンタルサービスです。プロカメラマンから初心者まで利用できる多種多様なレンズ・カメラ機材を揃え、サービスローンチ1年で約1万人のユーザーにご登録いただいております。
クリエイター主体の制作大会「FAVOR」は、映像クリエイターのSHOGO氏と共同開催しました。SHOGO氏の「今まで世界各地でコンテンツを制作してこれたことに感謝している。宮古島の活性化を通してその恩返しがしたい」という想いに共感したこと、そしてGooPass 1周年を機に、クリエイターとの連携をより深めて業界を盛り上げたいと考えたことから開催に至りました。

◆制作大会での実施内容◆
・各クリエイターによる、島の魅力が最大限に感じられる作品作り
・参加クリエイターが現地で制作した作品をSNSで発信
・現地の子ども向けにカメラ撮影ワークショップを開催
・株式会社ジャンボツアーズとのコラボ企画の実施(JJガールが発信する宮古島レポートのサポートを実施)

◆GooPassで提供したカメラ機材で制作した制作物◆

                       優勝者作品

 

 

◆実際に提供したカメラ機材
・OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット
・HERO7 BLACK
・Osmo Action
・Ronin-S
・EF16-35mm F2.8L II USM
・Mavic 2 Pro
・α6400 ILCE-6400L パワーズームレンズキット
・EF70-200mm F2.8L IS III USM
・EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット
・α7R IV ILCE-7RM4 ボディ
・Mavic 2 Zoom
etc

◆協賛企業
・宮古島観光協会
・株式会社ジャンボツアーズ
・株式会社日建ホテルマネジメント
・株式会社パム
・オリックスレンタカー
・カメラブ株式会社

◆総括と今後の展望◆
若手のフォトグラファーや映像クリエイター、モデルを宮古島に招待し、現地で撮影した写真や映像作品をSNSで発信したところ、クリエイターのファンや旅好きな方から多くの反響がありました。結果として、宮古島の魅力の訴求とシーズン外の需要喚起に繋がる取組みとなりました。
カメラブでは今後も地方の持つ魅力をクリエイティブに発信するため、またクリエイターの活動を支援するためのイベントへの機材提供やスキル提供を積極的に行ってまいります。
※宮古島製作大会FAVORサンクスムービー※

 

【GooPassについて】


カメラ、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額でレンタルし放題となるサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品も含めて約600種類をWEB上から予約でき、全国に配送でお届けしています。旅行やスポーツ観戦、購入前のお試し利用など、様々なシーンでご利用頂いております。

「GooPass」公式サイト:https://goopass.jp

【映像クリエイター SHOGO】
https://www.instagram.com/shogo_insta/

【カメラブ株式会社 会社概要】
会社名 :カメラブ 株式会社(camelove Inc.)
代表取締役 :高坂 勲
所在地 :東京都渋谷区神南1-10-6 Barbizon98-10F
設立日 :2017/4/10(フォトの日)
業務内容:カメラ機材のレンタルサブスクリプション事業、メディア事業、ドローン空撮/映像制作事業
URL :https://camelove.co.jp

【当社の想い】
フィルムカメラはデジタルカメラに淘汰され、デジタルカメラはスマートフォンに淘汰されつつあります。一方で、Instagramの席捲など多くの人が手軽に写真に触れられ、自由に表現できる世の中になりました。その中心にいる、新しい世代の写真家の創作活動を支援することを通じて、自己表現のツールとしてのカメラの価値を高めることで、カメラ・写真市場をもう一度盛り上げていきたいと考えています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カメラブ(株)/GooPass >
  3. “地域活性化”を目的にしたクリエイター主体の制作大会を宮古島観光協会の全面協力のもと共同開催