ネイリストに直接予約「ネイリー」が株式会社サイバーエージェント等から総額1.5億円の資金調達を実施。C2Cプラットフォームを活用したサービスでは2社目の資金調達。

C2Cプラットフォームをベースに機能の充実と開発スピードの加速でCtoC業界を牽引

C2C PTE. LTD.(代表:薛 悠司、村上 英夫/https://c2c-platform.com)と共にCtoCサービス「ネイリー」を共同で開発している株式会社ネイリー(代表:浅倉 健吾/https://nailie.jp)は、株式会社サイバーエージェント等の新規株主を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施しました。

ネイリーはネイリストとお客様をつなぐSNS型予約アプリで、お客様はネイリストの投稿した作品画像から好みのネイリストを選び、施術の予約から決済までをスマートフォン上で完結できる、ネイルに特化したCtoCマッチングサービスです。

C2C PTE. LTD. は、本サービスに必要なアプリケーションの開発とマッチングシステム(C2Cプラットフォーム)の提供を行いながらネイル業界注目の新サービスを支えています。

■C2C経済圏の実現に向けて
今回の資金調達は、C2Cプラットフォーム自体を提供する「C2C PTE. LTD.」、中古精密機器のマーケットプライス“EKUIPP”を展開する「Anyble株式会社」に続き、3社目の資金調達となります。
働き方改革やビジネスモデルの転換が叫ばれる今、C2Cプラットフォームを活用したサービスは業界のジャンルを問わず注目を集めており、今後その他のサービスでも資金調達を含め動きが加速すると考えられます。
C2C PTE. LTD.は、サービスを共同で開発するパートナーとして、システム開発だけでなく、PRや資金調達のノウハウなども積極的に提供し、協働でサービスを開発/運営しています。

■業界を牽引する事業会社と協働する意味
C2C PTE. LTD.は全てのサービスの開発と運用を、各業界を牽引する事業会社と協働で行っています。各業界の専門性や動向を知り尽くした事業会社と、数々のCtoCサービスを展開する開発会社。双方の優位性を活しながら開発をすることが、世の中に受け入れらるサービスを生み出し、社会課題の解決に寄与すると考えられます。
今後もC2C PTE. LTD. は、マッチングプラットフォームの開発体制増強やAIを用いたマッチングアルゴリズムの開発・スピードアップ、各サービス間の顧客送客やポイント連携など、「C2C経済圏の確立」に向けてサービスの開発を進めています。
 
■C2C PTE.LTD. 代表:薛 悠司 コメント
ネイリー社の浅倉代表をはじめとするチームの深い業界知見とC2C社のもつ高いテクノロジーの融合がネイル業界に新しい価値を創出することを確信しています。
また今後同様に様々な領域で経験と実績をもつクライアントとC2C社のテクノロジーが生み出すプロダクトがそれぞれの領域で新しい価値を創出し、個人が活躍できる社会を実現させていきます。

■株式会社ネイリー 代表:浅倉 健吾 コメント
今回の調達を通じ、 サービスの認知向上に向けたマーケティングの強化、 事業の成長スピードを加速するための内部強化や人材採用を行い、 様々なシーンのネイリストが、 それぞれの個性を発信できる世界の実現を目指します。


■C2Cプラットフォームのお問い合わせ

名 称:C2C PTE. LTD.
設 立:2017年9月
代表者:薛 悠司(ソル ユサ)、村上 英夫(ムラカミ ヒデオ)
所在地:10 Anson road #14-06 International Plaza Singapore
連絡先:〒105-0022 東京都港区海岸1-11-1ニューピア竹芝ノースタワー14F
TEL: 03-6809-2775 MAIL: contact@c2c-platform.com
担当: 林(stoooc内)
事業内容:世界向けCtoCプラットフォームサービスの提供
WEBサイト:https://c2c-platform.com

■アプリ概要
アプリ名称:Nailie(ネイリー)
登録、掲載費:無料 
ダウンロード:
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/nailie/id1251330322
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.nailie.app.android
URL:https://nailie.jp
インスタグラム:https://www.instagram.com/nailiejp/
  1. プレスリリース >
  2. C2C PTE. LTD. >
  3. ネイリストに直接予約「ネイリー」が株式会社サイバーエージェント等から総額1.5億円の資金調達を実施。C2Cプラットフォームを活用したサービスでは2社目の資金調達。