試されるシビックプライド!市民も知らない川崎の「まちの魅力」で南北プレゼンバトル『川崎シビックパワーバトル2018』初開催 NORTH(キタ) VS SOUTH(ミナミ)

平成31年2月2日(土)13:00~15:00 @アトレ川崎4階「コモレビテラス」観覧無料 URL:http://cpb.openkawasaki.org/












 近年、まちの継続的な発展には、市民がまちを愛する気持ち(シビックプライド)が重要だといわれています。「シビックパワーバトル」は、主にオープンデータ(※)を活用し、客観的なデータを基に、今まで埋もれていた、または知らなかった自分の住む「まちの魅力」を発掘し、プレゼン形式でバトル(まちを自慢)しあう地域の魅力発信を目的としたイベントです。
 平成29年9月23日にヤフー本社のLODGEで、第1回シビックパワーバトル(参加:流山市、さいたま市、横浜市、千葉市、川崎市)が開催され、“川崎では刑法犯認知件数が実は低い”というデータに基づき、“川崎は治安の悪いイメージがあるがそれは思い込みである”。そこから、「川崎はガラは悪いがタチは悪くない」という名言も生まれました。そしてこのたび、さらなる川崎の魅力発掘を目指し、都市ブランド推進事業として川崎版シビックパワーバトルを開催することとなりました。
 今回の「川崎シビックパワーバトル」は、川崎市を南北の地域チームにわけて、チーム対抗戦で「まちの魅力」を発信します。勝者は、当日の観覧者の投票により決定します。このイベントを通して、思い込みではなく客観的なデータに基づいた「まちの魅力」に気づいていただくだけでなく、自分の住むまちに興味が湧き、新しい地域コミュニティが生まれることを目的としています。
(※)川崎市都市ブランド推進事業…川崎の強みや魅力を市内外に広く強力にアピールして、川崎の都市イメージの向上や市民の川崎への愛着や誇り(シビックプライド)の醸成につなげていく事業です。市から選定された事業は、市の助成金や広報等の支援が受けられます。
(※)オープンデータ…行政や企業が公開する統計データや文献などを指し、インターネットなどを通じて誰でも自由に入手し、利用・再配布できるデータの総称。
 
  • 実施概要
1 名  称  川崎シビックパワーバトル2018
2 開催日時  平成31年2月2日(土)13:00~15:00
3 開催場所  アトレ川崎4階「コモレビテラス」(JR川崎駅北改札上)
4 発 表 者   公募で集まったメンバーによるキタとミナミ2チーム
5 内  容  キタとミナミの各チームが各テーマで5分×3回発表をします。
6 テ ー マ   カワサキキタチーム…ベッドタウンだと思われているだろうからあえて「働く」
        カワサキミナミチーム…働くところだと思われているからあえて「住む」
7 観 覧 者   100名程度(観覧無料)
8 投  票  当日観覧者の投票により勝者を決定します。
9 Webサイト   http://cpb.openkawasaki.org/
10 主  催   オープン川崎/Code for Kawasaki http://openkawasaki.org/
11 共  催   アーバンデータチャレンジ2018実行委員会、シンジョーまちなカレッジ
12 協  力   シビックパワーアライアンス実行委員会

◆一般の方のお問い合わせ先◆
オープン川崎 小俣 博司 (OMATA,Hiroshi)
TEL:090-4093-3796(10:00~20:00)
E-mail:op.homata@gmail.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 川崎市 >
  3. 試されるシビックプライド!市民も知らない川崎の「まちの魅力」で南北プレゼンバトル『川崎シビックパワーバトル2018』初開催 NORTH(キタ) VS SOUTH(ミナミ)