国際不動産エージェントと東南アジア不動産コンサルティング業務において業務提携を開始

フィリピン不動産における相互連携を強化

東京、シンガポール、マレーシア、フィリピンを拠点とし、「世界不動産の流動化で投資家に明るい未来」をビジョンに掲げる、Property Access株式会社(東京都港区、代表取締役風戸裕樹、以下「プロパティアクセス」)は、2021年6月15日より株式会社国際不動産エージェント(東京都千代田区、代表取締役社長市川貴士、以下「国際不動産エージェント」)と業務提携を行い、国際不動産エージェントの顧客に東南アジア不動産に関するコンサルティング(以下「本提携」)を開始いたします。
本提携の概要

2018年に日本法人を設立した、プロパティアクセスは日本の皆様に海外不動産情報の提供(メディア事業)とフィリピン及びマレーシアにおいて海外不動産の売買取引及び管理似関しての不動産サービス(コンサルティング事業)を行っております。特に、2019年から開始したコンサルティング事業では、2年間で累計約80億円の不動産取引を行っており、今後も東南アジア圏の不動産情報の提供と安心できる取引を促進していくべく事業を拡大しております。

2017年に設立した国際不動産エージェントは、日本人投資家の皆様に世界各国の不動産物件情報を提供しております。 設立前より、当社代表市川と副社長鈴木で約50ヵ国の国と100を超える都市の不動産を視察し個別不動産の目利き力を高めて参りました。 『今投資に適した国、都市、物件の選定』『中長期的な視点からの不動産投資コンサルティング』『各国不動産融資』『各国税務、法務アドバイス』『各国不動産売却相談』などをワンストップでサービスしております。

本提携で、プロパティアクセスは、日本人の海外不動産投資家へ広いネットワークを持つ国際不動産エージェントの顧客でフィリピン及びマレーシアに不動産を所有しているオーナーに対する売却や管理の相談をはじめ、購入検討者へのコンサルティングも行ってまいります。



Property Access株式会社 代表取締役 風戸裕樹より


当社は、日本における海外不動産取引において信頼性、透明性を高め安心した不動産取引を提供することを理念・志としています。今回、同様の理念・志で海外不動産取引のサービスを行われている国際不動産エージェント社と本提携に至ったことで、日本における海外不動産取引の品質を高めて、双方の顧客によりサービスを提供できると確信しています。本来は同業者として競合する部分がゼロではありませんが、各社の共通する理念の下で本提携をするに至りました。両者で業界の活性化と顧客満足を高めていけることが楽しみです。

 


株式会社国際不動産エージェント 代表取締役社長 市川貴士より


当社は現状世界24カ国の不動産販売実績があり、世界70カ国への不動産エージェントと繋がっています。 東南アジアの不動産も得意ではありますが、現状当社の主力エリアは、現状アメリカ、ヨーロッパ、ハワイ、オーストラリアなどであり、 東南アジアは信頼出来るプロパティアクセス社との業務提携により、顧客へのサービス強化が期待出来ます。 日本国内で信頼できる海外不動産を扱う会社同士が業務提携出来ることは、今後の海外不動産をより透明に正直なマーケットに進化するためのスタートでもあります。



株式会社国際不動産エージェント 取締役 鈴木学より


日本社会において、海外の収益不動産に対するニーズは年々高まる一方です。海外ということで敷居は高いですが、業界の努力で敷居を低く、よりフェアに、より安心できる取引環境とサービスメニューの充実をはかりたい。その第一歩として、プロパティアクセス社との提携は実に喜ばしいことだと考えます。




【プロパティアクセス会社情報】
設立 :2018年3月
本社 :東京都港区北青山2−11−7青山但馬屋ビル4階
URL:https://propertyaccess.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Property Access 株式会社 >
  3. 国際不動産エージェントと東南アジア不動産コンサルティング業務において業務提携を開始