モビリティ・プラットフォーム「CREW」、与論島にて定常的なサービス提供を開始

観光客の移動を島民が自家用車でサポート

株式会社Azit(所在地:東京都 港区、代表取締役:吉兼 周優)と一般社団法人 ヨロン島観光協会(所在地:鹿児島県 大島郡、会長:永井 新孝)は、本日より鹿児島県の与論島にて、Azitが提供するモビリティ・プラットフォーム「CREW」の定常的な提供を開始したことをお知らせいたします。
 

CREWの定常的なサービス提供開始を記念したテープカットイベントの様子(撮影日:2019年6月11日)

背景

鹿児島県の与論島には、白い砂浜、リーフ(サンゴ礁)、大潮の干潮時に出現する砂だけの島「百合ヶ浜」などを求めて、毎年多くの観光客が訪れます。その数は2018年で69,064名となり、7年前の53,307名に比べて約30%増加しています。(鹿児島県大島支庁による「奄美群島への入込客数・入域客数(平成30年1月~12月)について」より)

しかしながら、公共交通機関はバス1路線、タクシー8台と、公共交通機関だけでは観光客の移動需要を満たすことが難しい状況に置かれています。

そこでAzitは、2018年8月に1ヶ月間、与論島にて観光客の移動をサポートするための実証実験を行いました。結果として、台風などの影響があったものの総ライド実績は約130kmと、多くの観光客のみなさまにCREWをご利用いただきました。

更に、ユーザーであるCREWパートナー(ドライバー)、CREWライダー双方からの評価も高く、ヨロン島観光協会からの意向もあり、この度観光ハイシーズンである6月から10月にかけて、CREWを定常的に提供することを決定いたしました。

取組概要

- 運営主体:一般社団法人 ヨロン島観光協会
- 提供期間:2019年6月12日〜10月末(予定)

CREWとは

 "乗りたい" と "乗せたい" を繋げるモビリティ・プラットフォームです。アプリを起動して出発点と到着点を設定すると、近くを走るCREWパートナーと呼ばれるドライバーとマッチングし、お好きな場所まで送ってもらうことが可能です。マッチングが成立して移動をし、目的地に到着すると、乗った方と運転した方それぞれが相互評価をします。

また、乗った方は実費(ガソリン代)とシステム利用料を支払う他、任意で謝礼を支払うこともできるというモデルです。(謝礼の支払はあくまでもユーザーの任意で行われるもので、強制されるものではありません)

CREWの安心安全について

私達は、安心安全を何よりも大切にしています。安心安全なドライブのために、CREWパートナーは厳正な審査を通過した方のみ登録が可能です。また、CREWパートナーとCREWライダーの個人情報の交換は禁止しています。その他、ご要望・お問い合わせにチャットで丁寧に応対するカスタマーサポート体制を整備しているため、サービス利用中に何かお困りのことがございましたらすぐにスタッフが対応可能です。

安心安全に関する取り組みの詳細については、こちらをご確認ください。
https://crewcrew.jp/trust-and-safety/



■モビリティ・プラットフォーム CREW概要
サービス開始:2015年10月
展開エリア:東京都内一部地域・そのほか一部地域(鹿児島県)
アプリDL:https://app.adjust.com/5ibxcjd
サイト:https://crewcrew.jp/
ドライバーの応募の方はこちら:https://crewcrew.jp/driver/

■株式会社Azit 概要
設立:2013年 11月14日
代表取締役:吉兼 周優(よしかね ひろまさ)
所在地: 東京都 港区 東新橋2-12-1 PMO東新橋 6F
サイト:https://azit.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Azit >
  3. モビリティ・プラットフォーム「CREW」、与論島にて定常的なサービス提供を開始