現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERAと国内大手オークションハウスを運営するShinwa Wise Holdingsが包括的業務提携を締結

現代アートのグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」を運営する株式会社TRiCERA(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:井口泰、以下:TRiCERA)は、この度Shinwa Wise Holdings株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:倉田陽一郎、以下:Shinwa Wise Holdings)と包括的業務提携を締結しました。

 

【概要】
現在の日本では、大多数のアーティストは海外に作品を販売する手段が限られており、生計を立てることが困難です。TRiCERAは翻訳・決済機能・配送システムを完備したグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」の運営・提供を通じ、アーティストへ事業機会を提供するとともに、自国を超えた活動をサポートする体制を整えています。
また、Shinwa Wise Holdingsは、国内大手オークションハウスであるShinwa Auction株式会社の運営を通じ、富裕層に向けたマーケティング施策やアートディーリングのノウハウを蓄積してきています。また、二次流通を中心とした事業によってアート市場の経済的担保の役割を担っています。

【提携の目的】
今回の包括的業務提携では、両社のアセットを活用し「TRiCERA.NET」をベースとした、国の境界線を越えて日本と世界を結ぶ一貫体制のアートサービスの構築を目指します。アート業界でO2Oを実現しアートコミュニティを形成する企画やプロモーションの実施、マーケティングやコンテンツの品質を強化することで、アーティストが世界の市場に展開し、かつマネタイズしていくために必要なサポート体制を強固なものにしていきます。
また、一次流通から二次流通に乗るまでの新たな流通チャネルをネット上のプラットフォームで創出することで、これまでにないネット上でのプロモーションにより評価を確立していく新たなキャリアをアーティストに提供していきます。

 

【TRiCERAについて】
会社名:株式会社TRiCERA
代表取締役:井口 泰
本社:〒108-0074 東京都港区高輪3-10-2 SDS高輪ビル
設立日:2018年11月
資本金(資本準備金含む):98,922,000円
事業内容:現代アートグローバルプラットフォームの運営
会社サイト:https://tricera.co.jp/
サービスサイト:https://www.tricera.net/
問合先:info@tricera.co.jp
*当社は、株式会社デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab」の第19期最優秀賞受賞チームです。
 

【Shinwa Wise Holdingsについて】
会社名Shinwa Wise Holdings株式会社
代表取締役:倉田陽一郎
本社:〒104-0061東京都中央区銀座七丁目4-12 銀座メディカルビル2F
設立日:1989年6月
資本金(資本準備金含む):1,113,000,000円
事業内容:美術品を中心としたオークションの運営
会社サイト:https://www.shinwa-wise.com/
問合先:info@shinwa-wise.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TRiCERA >
  3. 現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERAと国内大手オークションハウスを運営するShinwa Wise Holdingsが包括的業務提携を締結